見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・15日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から7日
    ┗「霜降」まで8日
    先負
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(たつ)
    月齢:6
    月名(旧歴日):六日月(むいかづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ジグソーパズル【じぐそーぱずる】


裁断に使われる刃が職人仕様である納得の理由



ジグソーパズルは、一八世紀にイギリスの地図メーカーによって売り出されたのがはじまりである。当初は、板に図を描き、ジグソー(糸のこ)を使って手作業でその曲線を切っていき、一つひとつの木片(チップ)にしていた。名前の由来はそこにある。いまでは板が厚紙となり、チップが一〇〇〇ピースを超えるような大作もつくられるようになっているが、実はこの厚紙のジグソーパズルも、その裁断には高度な技術を要する。普通に考えれば、パズルの絵の大きさに合わせて縦横に刃のついた裁断機で一気にプレスして型抜きすればすみそうである。ところが、この方法だと、カットされたラインが曲線のため、プレスした刃を持ち上げると、刃と刃の間に紙片がはさまってしまうことがあるのだ。これを一ピースずつ手作業で外すというのはたいへんな手間だし、チップも紛失しかねない。そこで、縦だけに裁断する波形の刃、横だけに裁断する波形の刃の二種類を使って二度の型抜きがおこなわれている。これで行方不明のチップを一つも出すことなくパズルが完成する。さて、その裁断の主役となる波形の刃は、一つひとつが職人によって手づくりされているものが多い。コンピュータ製図で機械生産すれば簡単に多くの種類ができそうなものだが、それではチップ一つひとつの微妙な曲線が出ず、場合によっては同じ形のチップができてしまうからだ。ジグソーパズルチップの曲線には、実は職人熟練の技が生きているのである。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全2

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14820374
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:時雨  時刻  滋賀県庁  シェイクスピア  

   


  1. 雑学大全2>生活>おもちゃ    >    ジグソーパズル
  1. ◆「ジグソーパズル」の関連ワード

  2. 時雨

  3. 時刻

  4. 滋賀県庁

  5. シェイクスピア


A D

雑学大全2について
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾。
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全2


  • 【辞書・辞典名】雑学大全2[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487801305










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
App store


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2