見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・18日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から10日
    ┗「霜降」まで5日
    赤口
    ・十支:(みずのと)
    ・十二支:(ひつじ)
    月齢:9
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 おむつ【おむつ】


なぜ「おむつ」と呼ぶようになったのか?



赤ちゃんがオシッコやウンチをしても衣服を汚さないよう、お尻をくるんでおく下着が「おむつ」で、かつては「おしめ」と呼ばれた時代もあった。現在「おむつ」の用語が一般的に使われるようになったのは、使い捨て下着として紙おむつが広く流通するようになってからだ。「おしめ」の語源は、赤ちゃんの排泄物で湿ってしまう下着というところからだからわかりやすい。それに比べて「おむつ」は、語源が想像しにくい。それもそのはず、古代の女房言葉に由来するもので、『紫式部日記』に使われていた伝統の言葉だ。「おむつ」の語源は古くからあった「襁褓」で、「むつき」と読む。「襁」は赤ちゃん背負うときに使う絹の紐ひも、「褓」は赤ちゃんの衣服のことで、紫式部は産着の意味で使っている。それが、江戸時代頃に赤ちゃんの排泄用下着を表す言葉となり、丁寧語の「お」がついて「おむつ」になっていったようだ。同時に、赤ちゃん生まれると母親の実家の祖母が孫のために一二組のおむつを用意する、というような慣習も生まれた。といっても武家や裕福な商家での話で、一般家庭で使い古した木綿などの布おむつが使われるようになるのは、明治時代以降である。さらに、おむつの湿り気を外にもらさないよう、おむつカバーも開発される。そんな布おむつが紙おむつに替わるのが、一九七〇年代後半、昭和も五〇年代に入ってからで、アメリカからの輸入品の発売をきっかけに国産品も開発されるようになった。紙おむつの開発は消費社会のアメリカではなく、第二次世界大戦で綿花の輸入が止まってしまったスウェーデンで、生まれてくる赤ちゃんのために必要に迫られてのことだったという。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全2

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14820133
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:お召し列車  重い球  おにぎり  おなら②  

   


  1. 雑学大全2>ヒトの不思議>子供    >    おむつ
  1. ◆「おむつ」の関連ワード

  2. お召し列車

  3. 重い球

  4. おにぎり

  5. おなら②


A D

雑学大全2について
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾。
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全2


  • 【辞書・辞典名】雑学大全2[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487801305










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
App store


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2