見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・23日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気:「霜降
    大安
    ・十支:(つちのえ)
    ・十二支:(ね)
    月齢:14
    月名(旧歴日):小望月(こもちづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 有頂天【うちょうてん】


「有頂天」までは、本来なかなか行けるものではない



一般常識テストに頻出する言葉に「有頂天」がある。「たまにいい点数をとったからといって『有頂天』になるなよ」などと使われるところから、「宇宙のいちばんてっぺん」というイメージで、つい「宇頂点」と書いてしまいたくなる言葉だ。ところで、「女、三界に家なし」という言葉がある。幼いときは親に従い、嫁にいくと夫に従い、老いては子に従わなければならない女性に安住の場所がないというほどの意味で使われるが、この三界とは本来は仏教の言葉から来ている。「欲界」「色界」「無色界」の三界である。この三界をまとめると「有」の世界になる。生きとしいけるものが輪廻する世界である。この輪廻から超越した世界が「無」の世界で、「無」の世界に入ることを、「悟りを開く」「到彼岸」「解脱」「涅槃」「入滅」などいろいろな言葉であらわす。そして、悟りを開いた人が、仏陀であり、覚者である。実は「有頂天」は、この「無」の世界にいちばん近い世界をさすのである。さらに具体的にいうと、「有」の世界、つまり「三界」では、下から上へ「地獄」「餓鬼」「畜生」「修羅」「人」「天」の六つの世界を輪廻する。これを「六道」という。そして、地獄から天の一部までが「欲界」。我欲が牛耳る世界である。その次の一六天が「色界」の天で、欲はないが、具体的なものは存在する世界である。その次には「無色界」の四天がある。欲も形もなく、ただ清浄なる精神がある世界であり、この四天のうちいちばん上の「無」の世界に近いのが「非想非非想処天(ひそうひひそうしょてん)」で、この天の別名が「有頂天」なのである。本来は、テストでいい点をとったぐらいではなかなか到達できない世界なのである。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全2

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14820083
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:ウナギ①  ウナギ②  宇宙人  渦巻き  

   


  1. 雑学大全2>生活>コトバ    >    有頂天
  1. ◆「有頂天」の関連ワード

  2. ウナギ①

  3. ウナギ②

  4. 宇宙人

  5. 渦巻き


A D

雑学大全2について
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾。
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全2


  • 【辞書・辞典名】雑学大全2[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487801305










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
App store


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2