見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・21日
    ・日(Sunday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から13日
    ┗「霜降」まで2日
    先負
    ・十支:(ひのえ)
    ・十二支:(いぬ)
    月齢:12
    月名(旧歴日):十二日月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 イモリ【いもり】


イモリが再生できるのは、シッポだけではない!



子どものときのいたずらの経験から、イモリを捕まえても自らシッポを切って逃げ、その後、そのシッポは再生するということぐらいは知っているだろう。確かにシッポが再生するだけでもすごいのだが、実は足まで再生させる力がイモリにはあるらしいのだ。イモリの四本の足は、どれを切ってしまっても再生する。切断したあとは再生芽という未分化の細胞が増殖し、そこから新しい組織がつくられていくのである。ある実験では、たとえば前足を切ったときにできた再生芽をすでになくなっている後ろ足に移植しても、ちゃんと後ろ足ができたという結果が出ている。この再生芽が万能で、シッポにも足にも脅威の力を与えてくれているのである。もともと、イモリは、北アメリカ、ヨーロッパ、アジアの一部に分布する、水中生活と陸上生活の両方を送る生物。種類によってその生活の仕方は様々で一概にはいえないが、繁殖期には水中で生活を送る種類が多い。メスは水中に産卵し、卵はそこで孵化する。その後、幼体から成体になるまで一年近く水中ですごすのだ。そしてその後に、エフト段階と呼ばれる陸上生活をする段階に入る。その年数は種類によって異なるが、大体一?七年間程度である。この間に何かあった場合、驚異の再生活動をする。イモリになぜこのような高い再生能力がついたのかはまだわかっていないが、このイモリの原理を研究して、人に応用できるものはないだろうかと、様々な研究が日夜進められているようだ。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全2

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14820058
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:イルカ①  イルカ②  伊能忠敬②  伊能忠敬①  

   


  1. 雑学大全2>生物の不思議>昆虫    >    イモリ
  1. ◆「イモリ」の関連ワード

  2. イルカ①

  3. イルカ②

  4. 伊能忠敬②

  5. 伊能忠敬①


A D

雑学大全2について
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾。
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全2


  • 【辞書・辞典名】雑学大全2[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487801305










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
App store


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2