見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・20日
    ・土(Saturday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から12日
    ┗「霜降」まで3日
    友引
    ・十支:(きのと)
    ・十二支:(とり)
    月齢:11
    月名(旧歴日):十日余りの月(とおかあまりのつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 芥川賞【あくたがわしょう】


第二回芥川賞が取り消された!「幻の芥川賞作家」小山祐士



純文学芥川賞大衆文学直木賞か。作家なら、そのどちらかを生涯に一度でいいから手にしたいと思う文学賞の双璧。その一つ、芥川賞で、かつてたいへんな事件が起こっていた。一度芥川賞を手にしたというのに、取り消されてしまった不幸な作家がいる。その人は、当時の劇作家・小山祐士氏。一九三五(昭和一〇)年に白水社から出版された『瀬戸内海の子供ら』という作品だった。そもそも文学作品としてよりも、先に舞台作品として築地座で岸田国士の演出で上演され、これが好評なことから、芥川賞候補に挙がっていた。内容も素晴らしいので、審査会でも芥川賞に決定し、マスコミにも芥川賞受賞作として大々的に報じられた。だが、その後、ある一人の委員からクレームが付いた。芥川賞には、「この半年間に発表された短編小説のなかから選ぶ」という規約があるため、一昨年に発表したもので、しかも戯曲として上演されていた同作品が賞を取るのはおかしいという理由からだ。このクレームは受け入れられ、なんと賞は取り消され、この第二回芥川賞は該当者なしという正式発表が後におこなわれてしまったのである。芥川賞を取れば、どんな本でも数十万部は売れるし、一躍有名人になれる。その機会を一瞬で小山氏は失ったのだ。だが、結果、「幻の芥川賞作家」として、雑誌などから依頼が舞い込み、舞台では方言劇などを書き続け、後に文壇でも瀬戸内作家としての地位を確立する。こうやっていつまでも人々の記憶に残るのだから、取らなかったことで、いいこともあるのかもしれない。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全2

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14820008
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:あくび  アサガオ  秋葉原  秋の空  

   


  1. 雑学大全2>趣味>書籍    >    芥川賞
  1. ◆「芥川賞」の関連ワード

  2. あくび

  3. アサガオ

  4. 秋葉原

  5. 秋の空


A D

雑学大全2について
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾。
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全2


  • 【辞書・辞典名】雑学大全2[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487801305










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
App store


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2