見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・18日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から10日
    ┗「霜降」まで5日
    赤口
    ・十支:(みずのと)
    ・十二支:(ひつじ)
    月齢:9
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 渡り鳥【東京雑学研究会編】


§渡り鳥は、なぜ迷わないのか?



地図も羅針盤も持たず、文字どおりの身一つで、海を越えて飛び続ける渡り鳥。飛行距離は、数千キロメートルにも及ぶことが珍しくなく、それだけでも驚異なのに、迷わずに去年の場所に戻ってくるのが、また不思議である。
渡り鳥とは、季節によって定期的に往復移動をする鳥のことである。ほとんどが南北に移動して、北方で繁殖し、南方で越冬する。
それが、繁殖やエサを得ることに有利なのであろうと考えられるが、渡りには大変なエネルギー要するし、危険も伴う。
実のところ、なぜ渡り鳥がそんなリスクを冒してまで渡りをするのか、何を道しるべにして迷わずに飛んでいるのかは、解明されていないのである。
この秘密を探ろうと、多くの調査や実験がなされてきた。
渡り鳥は、夜に飛んだり、海の上を飛んだりする。だから、地形を見下ろして、島や山脈などを目印にして飛ぶことはできない。
それなのに、その年に繁殖地で生まれたばかりの若い鳥も、一度も行ったことがないはずの群れの目的地にたどり着く。親鳥に教えてもらったのかと思えば、親鳥は子よりも先に、さっさと飛び立ち、渡り終えていたりする。
ある研究者は、コウノトリの集団を、渡りの季節が来る前に別の場所に移してみた。こうすれば、いつもの越冬地に行くためには、今までと大幅に違うコースをとらなくてはいけない。ところが、コウノトリたちは、あっさり飛び立って、いつもの越冬地に到着したのである。
また、ある研究者は、巣に戻ろうとする鳥の集団を、遠く離れた地点で飛行機を使って捕らえ、しばらくたってから放してみた。それでも、鳥たちは何事もなかったかのように、巣のある方向へ飛び去って行った。
渡り鳥たちが基準にしているのは、人間と同じ方向感覚、地理感覚ではなさそうである。
現時点の研究では、鳥の脳内に体内時計があって、昼間は太陽の位置、夜は星座の位置を頼りにして、方位を補正しながら一定の方角に飛んでいると考えられている。また、地磁気風向き、日照時間なども、渡り鳥の道標になっているのであろう。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670959
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:ワシントン  わきが  

   


  1. 雑学大全>生物の不思議>鳥類    >    渡り鳥
  1. ◆「渡り鳥」の関連ワード

  2. ワシントン

  3. わきが


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全