見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・14日
    ・日(Sunday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から6日
    ┗「霜降」まで9日
    友引
    ・十支:(つちのと)
    ・十二支:(う)
    月齢:5
    月名(旧歴日):五日月(いつかつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 沸点【東京雑学研究会編】


§水の沸点は一〇〇度ではなかった!



水を熱すると、やがて沸騰する。沸騰すると、内部に気泡ができ、気体を発生する。
水の沸点は何度かといえば、小学生の頃、理科の実験で「水の沸点は摂氏一〇〇度」と教わって以降、疑ったことはないはずだ。沸点とは液体が沸騰する温度のことだ。水が沸騰するのは、なにがなんでも一〇〇度。これは常識として誰でも知っている。
しかし、正確にいえば、水の沸点は九九・九七四度だった。「一〇〇度ジャスト」ではなかったのだ。
水の沸点は気圧の影響を受けるため、測定の状況によって異なっていた。それが一九八〇年代に精密測定技術が向上したことによって、改善されたのである。そこで、国際度量衡委員会では一九八九(平成元)年に、水の沸点を九九・九七四度と改定した。
改定の背景には、いくつかの要因があった。まず、科学技術の発達とともに研究機関などでは、厳密な温度数値が必要になっていた。しかし、従来の数字では実験結果などに誤差を生じがちだった。
そういった理由があり、沸点の新目盛が求められていたというわけだ。新目盛は改定の翌年、一九九〇(平成二)年一月一日から研究機関などで実際に使われている。
水の沸点以外にも細かな改訂は行われている。例えば銀の凝固点は、従来正しいと思われていた摂氏九六一・九三度より〇・一五度低いことがわかっている。日常生活にはなんら影響しないが、仕事として日夜、コンマの単位と格闘している人や専門分野の研究者にとって、無視できない数値である。
蛇足だが、沸点改定以降にもちいられた小学校の理科の教科書では、つぎのように表現されている。「沸点は約一〇〇度」あるいは「一〇〇度付近」と。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670830
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:不動産広告  船①  フッ素  二日酔い③  

   


  1. ◆「沸点」の関連ワード

  2. 不動産広告

  3. 船①

  4. フッ素

  5. 二日酔い③


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全