見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・17日
    ・土(Saturday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から10日
    ┗「小雪」まで5日
    先勝
    ・十支:(みずのと)
    ・十二支:(うし)
    月齢:9
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 だっこちゃん【東京雑学研究会編】


§「だっこちゃん」という商品はない!?



一九六〇(昭和三五)年、当時爆発的なブームとなったおもちゃがあった。それは、小さな黒人の子どもを模したビニール製のお人形「だっこちゃん」である。
子どもはもちろん、大人までもこの可愛らしさに魅せられ、誰もが腕につけて歩いた。その当時の写真をどこかで見た記憶がある方もいるかもしれない。
とにかく一年間で二四〇万個も売り上げ、その爆発的な人気で売り切れ続出。デパートでは整理券を発行し、列になって「だっこちゃん」を買い求めたというから、ひところ大人気となった「たまごっち」同様、社会現象ともなるような大騒ぎぶりだったことが想像できる。
さて、この「だっこちゃん」であるが、実はこの人形にはれっきとした名前があった。製造メーカーは、この人形に「木のぼりウィンキー」という名前をつけていた。南洋の黒人の子どもがヤシの木に登っているイメージで、片目をウィンクするように作ってあったから、ウィンキーだったのだ。黒いボディーに、黄色い腰みの、大きな目が特徴の可愛らしさは、多くの人を魅了したが、それだけでなくブームになった理由がもう一つあった。
それは、その木登りの形をした手の部分に、腕を通すと抱きつくような形になったところから、マスコミがつけた「だっこちゃん」という名前だ。その気取らないネーミングの効果もあってか、爆発的なヒットにつながったようだ。
町中でダッコちゃんを腕につけて歩く若者の姿は、まさに高度成長時代の象徴でもあったわけだ。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670581
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:タツノオトシゴ  タヌキ  畳②  畳①  

   


  1. 雑学大全>生活>おもちゃ    >    だっこちゃん
  1. ◆「だっこちゃん」の関連ワード

  2. タツノオトシゴ

  3. タヌキ

  4. 畳②

  5. 畳①


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全