見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・14日
    ・水(Wednesday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から7日
    ┗「小雪」まで8日
    仏滅
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(いぬ)
    月齢:6
    月名(旧歴日):六日月(むいかづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 スカンク【東京雑学研究会編】


§スカンクの毒ガスが戦争に使われた?



スカンクといえば、ひどく臭いガスを発することで知られている。その強烈さは笑い事ではなく、一度嗅いでしまったら、二度とスカンクには近づきたくなくなるという。
それもそのはず、スカンクはイヌ、クマ、ピューマなどの天敵から身を守るためにガスを発しているのである。スカンクのガスを浴びた天敵たちは、すっかり懲りてしまい、その後自分からスカンク避けるようになる。また、スカンクのほうでも、その敵がすぐ近くにやって来るまで、平然としている。もっとも、これほどの悪臭でも、ワシやフクロウなど、猛禽類の天敵には効果がないという。
スカンクの体は、白と黒の縞で目立つ色をしているが、これも「近づいたら臭いぞ」という警告を発して、天敵を遠ざけようとしているのだと考えられている。
悪臭の元になっているのは、実はおならではなく、肛門腺から分泌される、黄色い油状の分泌液である。肛門腺は袋状になっており、筋肉の働きで分泌液を放出する。
この液が人間の皮膚についたとしても、簡単に洗い流すことができるが、衣服につくとにおいがとれず、二度と着られなくなり、また、目に入ったりしようものなら激痛が走り、一時的に目が見えなくなるという。しかし、命には別状はなく、後に残る障害もないらしい。
においの主成分は、ブチル・メルカプタンというガスで、これが戦争に使用されたことがある。
第一次世界大戦は、飛行機毒ガスがはじめて武器として使用され、近代戦の幕開けになったといわれている戦争だ。
スカンクのにおいがしたら、ドイツ軍は毒ガスだと思って、あわてるかもしれない」こう考えたアメリカ軍は、風上からスカンクのにおいのガスを流してみた。
策略はまんまと成功し、驚いてガスマスクを装着したドイツ軍の動きは、すっかり鈍くなった。アメリカ軍は、これ幸いと身軽な格好で風上から攻撃を仕掛けた。
ドイツ情報部が作戦を見破るまで、アメリカ軍は何度もスカンクのにおいのガスを流し、戦いを有利に展開したのである。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670499
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 雑学大全>生物の不思議>動物    >    スカンク

A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全