見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・15日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から7日
    ┗「霜降」まで8日
    先負
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(たつ)
    月齢:6
    月名(旧歴日):六日月(むいかづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 静御前【東京雑学研究会編】


§引き裂かれた愛をしのぶ花はこれ!



ヒトリシズカは、四月の下旬頃、葉の間から穂状花序を伸ばし、ひっそりと静かに白く美しい花を咲かせる多年草の植物だ。
この花姿が、静御前に似ていることから、静の文字をいただいてヒトリシズカと名づけられたのである。
ではこの名前のもととなった静御前とはどんな人物だったのだろう。
この静御前、実は義経の愛妾だった。義経が兄・頼朝と絶縁状態となり京都を出る際も静御前は義経に同行し、京都から吉野へと向ったのだった。
次の年、静御前は、陸奥の国へ向う義経と別れてひとり京都へ帰る途中、捕らえられてしまい鎌倉へと送られてしまったのだ。
静御前はこの年の夏に、元気な男児を出産している。しかし、男児であったために、由比ガ浜へ沈められてしまい、静御前は京都へと帰されたのだった。
舞いが上手だった静御前は、鎌倉の鶴岡八幡宮の回廊で、頼朝・政子夫妻の希望により、舞いを披露した。
静や静 静のおだまきくり返し 昔を今に なすよしもがな
と、義経への恋い慕う思いを胸に秘めながらしっとりと歌い、舞ったのであった。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670419
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:始祖鳥  舌打ち  地震  自首  

   


  1. 雑学大全>ヒトの不思議>人物    >    静御前
  1. ◆「静御前」の関連ワード

  2. 始祖鳥

  3. 舌打ち

  4. 地震

  5. 自首


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全