見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・19日
    ・金(Friday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から11日
    ┗「霜降」まで4日
    先勝
    ・十支:(きのえ)
    ・十二支:(さる)
    月齢:10
    月名(旧歴日):十日夜の月(とおかんやのつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 鯖を読む【東京雑学研究会編】


§年齢をごまかすことを「鯖を読む」というのはどうしてか?



例えば、自分の年齢が三〇歳なのに、二五歳だとごまかして言ったとしよう。すかさず「鯖を読んで……」と、非難とも冷やかしともいえる言葉が飛んでくるだろう。このように数をごまかすことを、「鯖を読む」というのだが、はたしてその語源はどこにあるのだろう。
これは、商人同士の駆け引き、だましあいから生まれた言葉で、品数をごまかして数え、不当な利益を得るというのが、その意味である。
「さばをよむ」の「さば」は、もとは、魚の鯖ではなく「いさば」のことであった。「いさば」とは魚市場のこと。
「漁火」とか「いばら」という言葉があるように、日本語には、はじめに「い」のつく言葉がいくつかある。「いばら」の場合、「い」が落ちて、「ばら」になった。
同じように「魚市場」からも「い」が落ちて、「さば」となり、それに魚の「鯖」の字が当てられたのである。
魚市場には、独特の数の数え方があり、それを「いさばよみ」という。例えば、「一、二、三、四」は「ひとよ、ふたよ、みっちょう、よっちょう」と数える。魚市場に来た商人が、よく魚の数をごまかしたところから、「いさばよみ」が生まれ、数をごまかすことを意味するようになった。
やがて「いさばよみ」が「さばよみ」、「さばをよむ」となり、今日使われている「鯖を読む」になったのである。
ちなみに、「鯖を読む」には、刺鯖などを二枚重ねて一連として数えたので、二つずつ数えるという意味もある。いずれにしても、ごまかし、ごまかされやすい数え方であったようだ。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670392
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:座布団  サボテン  砂漠  裁きの豆  

   


  1. 雑学大全>生活>コトバ    >    鯖を読む
  1. ◆「鯖を読む」の関連ワード

  2. 座布団

  3. サボテン

  4. 砂漠

  5. 裁きの豆


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全