見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・18日
    ・日(Sunday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から11日
    ┗「小雪」まで4日
    友引
    ・十支:(きのえ)
    ・十二支:(とら)
    月齢:10
    月名(旧歴日):十日夜の月(とおかんやのつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ゴッホ【東京雑学研究会編】


§ゴッホ自殺の原因は?



印象派代表的な画家といって、すぐに思いつくのはやはりゴッホであろう。
日本企業が当時のレートで五八億円という高額で、このゴッホの代表作でもある「ひまわり」をせり落としたことは、ご承知のとおりである。なお、そのほかの落札価格は「アイリス」が七二億円、「医師ガシェの肖像」が一二五億円となっている。
ゴッホは、どうやら極端な性格だったらしく、この性格がわざわいして前半生は失恋と失職の連続だった。しかし、幼少の頃から絵を描くことだけには、ねばり強かったゴッホはみごとに画家としてその才能を開花させ、成功をおさめることができたのだ。
さてこのゴッホの死因が自殺であったことは、ご存じだろうか?
この自殺の原因については、いくつかの説がある。
精神に異常をきたしたという説、てんかん発作説、そして、自分の耳を切り落とし、その傷あとが膿んで痛みにたえられなかったという説などである。
そして、一九九一年、今までの自殺説に加えて新しい説が発表された。アメリカの歴史学者アーロン・シェオン氏による弟テオの梅毒説である。
ゴッホは弟思いであり、また弟もゴッホ精神的にも金銭的にも支え続けていた。実に絆のつよい兄弟だったのだ。その弟が梅毒におかされ、すでに末期であることを知ったゴッホは、生きるのぞみを失い自殺したというのである。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670350
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:固定相場制  子どものIQ  コック  国境線  

   


  1. 雑学大全>ヒトの不思議>人物    >    ゴッホ
  1. ◆「ゴッホ」の関連ワード

  2. 固定相場制

  3. 子どものIQ

  4. コック

  5. 国境線


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全