見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・15日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から8日
    ┗「小雪」まで7日
    大安
    ・十支:(かのと)
    ・十二支:(い)
    月齢:7
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ハス【東京雑学研究会編】


§人が乗っても沈まない葉を持つハスがある?



スイレン科で最大の植物が、南米のボリビアやアマゾン川の流域を原産地とする「オオオニバス」である。東アジアに産する「オニバス」と似ているため、この名がついたが、分類上では別属の植物である。
オオオニバスの葉は、水底の茎から放射状に伸び、丸まった状態で水面に現れる。開くと円形になり、直径一~二メートルもの大きさに達する。これが、群れのように固まって、水面に浮かぶ
葉の周囲は、五~一〇センチほど上に曲がっているので、浅めのたらいのような形状である。大きさゆえに浮力があるうえ、分厚くて丈夫なので、簡単には沈みも破れもしない。大きな葉ならば、体重三〇キログラムくらいの人間の子どもが上に乗っても、沈まないほどである。
オオオニバスの葉は、大きいばかりではなく、機能的な構造になっている。表面はつやつやしているが、裏側には、長さ一センチメートルほどのとげがびっしり生え、魚が寄ってくるのを防いでいる。また、ふちには二か所の切れ込みがあり、たまった雨水が外に流れ出るようになっている。
原産地インディオの女性たちは、食用になるオオオニバスの実を集めている間、子どもを葉の上に乗せて遊ばせているという。
オオオニバスは、日本でも、いくつかの植物園で栽培されており、実際に子どもを乗せるイベントが開かれることもある。
温帯の日本で、熱帯植物のオオオニバスを育てるには、水温の管理が必要である。本来は多年草であるが、成長が非常に早いので、春に種をまけば、夏には子どもを乗せられるほどに大きな葉をつける。
花は、直径三〇センチメートルほどで、白やピンク、紅などがある。夜咲性で、日没前から芳香を漂わせ、暗くなるにつれて少しずつ開き始める。香りに引き寄せられた虫によって受粉が行われ、三日目には咲き終わってしまう。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670164
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:バスケットボール    箱根山  白書  

   


  1. 雑学大全>生物の不思議>植物    >    ハス
  1. ◆「ハス」の関連ワード

  2. バスケットボール


  3. 箱根山

  4. 白書


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全