見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・15日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から8日
    ┗「小雪」まで7日
    大安
    ・十支:(かのと)
    ・十二支:(い)
    月齢:7
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 イモリ【東京雑学研究会編】


§イモリの手足はどのように再生されるのか?



イモリは、手足を切り取られても、その切り口から、また手足が生えてきて、元通りに再生する。
これは、体の細胞の核には、ひとそろいの完全な遺伝子があるためだと考えられている。この遺伝子は、細胞の種類によって、大きく内容が変わっているわけではない。だから、体の一部さえ残っていれば、その細胞に、形づくりのために必要な、ひとそろいの遺伝情報があるはずである。そこから再生が起こるのは、不思議なことではないのである。
イモリの手足が再生するプロセスは、以下のとおりである。まず、傷口の表面に、再生の芽が形成される。これには、萌芽細胞や生物が生まれるときの細胞が含まれている。それらが、やがて組織を再生させる特殊な細胞へと発展していくのである。
残念ながら、人間は、こうはいかない。人間の皮膚の表面や、髪の毛や爪は、生え替わっているし、骨折や筋肉のケガなども再生できる。手術で、胃の全体や肝臓の三分の二程度を切除しても、再生は可能である。
しかし、不慮の事故で、手や足など体の一部分を失えば、二度と生えてくることはないのである。
生物によって、再生できる程度は異なっている。さし芽で植物を増やすことができるのは、茎の一部があれば、そこの細胞から全体を再生できるということを示している。また、ある種の虫やヒトデは、体のほんの一片でも残っていれば、新しい体を作ることができる。
しかし、人間をはじめ、すべての哺乳類は、体の全体を再生することはできない。複雑な有機体になればなるほど、再生力は低下するのである。
もっとも、これは遺伝子情報が不完全だからではなく、むしろ情報を秩序だてて、あるべき順序で使用すれば、再生も可能なのではないかと考えられている。将来、この研究が進んだら、残された人体の一片から、その人物を完全に再生することができるようになるかもしれない。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670066
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:インゲン豆  飲食店  岩崎弥太郎  色の心理的効果  

   


  1. 雑学大全>>    >    イモリ

A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全