見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・12日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から5日
    ┗「小雪」まで10日
    友引
    ・十支:(つちのえ)
    ・十二支:(さる)
    月齢:4
    月名(旧歴日):四日月(よっかづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 色鉛筆①【東京雑学研究会編】


§セットの色鉛筆はどうしてはじめから削ってあるのか?



黒鉛筆と色鉛筆。この両者は芯の色が黒なのかカラーなのかというだけの違いに思えるのだが、実は、実際に比べてみると、ほかにもかなりの違いが発見できる。
まず、売られているときのスタイル
黒鉛筆の場合は、一本売りであろうと箱売りであろうと、芯が削られていない状態で売られているのが普通だが、色鉛筆の場合、セットのものは、赤や青、緑など、すべてがきちんと削られた状態で販売されている。同じ鉛筆なのに、この違いは何なのか?
その答えは、黒鉛筆の場合は、何本まとめて購入したとしても、一度に使うのは一本である。ということは一本だけ削ればいいわけなのだが、色鉛筆の場合は一度に何色も使う場合が多いので、購入すると全部自分で削らなければならない。二四本も一度に削るとなるとかなりの手間だ。そこでメーカーはお客へのサービスとして、あらかじめ削って販売しているのである。
また、黒鉛筆なら芯の色は黒と決まっているが、色鉛筆の場合は、削られていないと芯の色を確認することが難しい。赤や緑といったポピュラーな色なら誰でもわかるが、藍色や群青色となると、実際の色がどんなものなのか頭をひねる人だっているだろう。そこで、お客に色が一目瞭然になるよう、削った状態で販売しているというわけなのだ。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670061
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:色鉛筆②  色と重さ    いもあらい  

   


  1. 雑学大全>趣味>    >    色鉛筆①
  1. ◆「色鉛筆①」の関連ワード

  2. 色鉛筆②

  3. 色と重さ


  4. いもあらい


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全