見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・17日
    ・金(Friday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から10日
    ┗「処暑」まで6日
    先勝
    ・十支:(かのと)
    ・十二支:(み)
    月齢:5
    月名(旧歴日):五日月(いつかつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 銀河と散光星雲


銀河 アンドロメダ座 M31 恒星の大集団 230万光年 銀河系 散光星雲 バラ星雲



銀河はアンドロメダ座に見られるM31で、銀河系から230万光年離れたところにある2000億個の恒星(天球上で相互の位置をほとんど変えず、星座を形づくる天体。太陽と同じく自ら発光する。晴夜に一地点から一時に肉眼で見える恒星数は約2500、全天球の肉眼で見える星の数は約6000ある。)の大集団である。周囲に見られる恒星は銀河系内の恒星である。星雲(雲のように見える天体。銀河系内のガスや宇宙塵が光って見えるものを星雲といい、散光星雲、暗黒星雲、惑星状星雲に分ける。肉眼で識別できるものもある。銀河系外に存在する星雲は銀河と呼ぶ。)はバラ星雲と呼ばれる散光星雲(銀河系内星雲の一種。輪郭のはっきりしない不規則な形状の星雲で、みずからは光を発せず、ガスと微固体の煙のような星間物質が、恒星の光で輝いているもの。時には周囲と対照したことによって暗黒に見えることもある。オリオン星雲が代表例。天球上で天の川付近に多い。)で、真空に近い星間物質(恒星と恒星との間の空間に存在する星間ガスと固体微粒子の相称。中性の水素ガスを主とする星間ガスが大部分を占め、他はわずかに宇宙塵と呼ばれる固体微粒子が混入している。)が恒星の光を受けて光っているもの。

【出典】 東京書籍(著:)
動画データベース理科分野

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 7501761
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:散開星団  北斗七星  さそり座の星  一番星  

   


  1. ◆「銀河と散光星雲」の関連ワード

  2. 散開星団

  3. 北斗七星

  4. さそり座の星

  5. 一番星


A D

動画データベースについて
動物・植物・人体・地学・気象天文分野の資料映像3,600件以上を集めた辞典。イルカの鳴き声や、昆虫が葉を食べる様子、雲のでき方の実験など、収録数も視点も他に類を見ないものとなっている。
この言葉が収録されている辞典

 動画データベース理科分野


  • 【辞書・辞典名】動画データベース理科分野[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】
  • 【書籍版の価格】216
  • 【収録語数】1,821
  • 【発売日】
  • 【ISBN】










関連辞典
動画データベース理科分野