見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・19日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から12日
    ┗「小雪」まで3日
    先負
    ・十支:(きのと)
    ・十二支:(う)
    月齢:11
    月名(旧歴日):十日余りの月(とおかあまりのつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 18歳選挙権【18才】





選挙権が得られる年齢を現行の「20歳以上」から「18歳以上」に引き下げたもの。
2015年6月17日公職選挙法の改正案として参院本会議で可決、成立した。

世界的にみると170か国以上が選挙権を持つ年齢を18歳としており、20歳以上の国は日本を含めわずかだった。70年ぶりの改訂により日本も国際基準においついた形になる。

施行は1年後となり、施行後初めて交付する国政選挙から適用されるため、2016年夏の参院選から新たに約240万人の有権者が加わることになる。
18~19歳が有権者に加わることで、若年層の政治への関心や理解が高まり、政治参画への促進などが期待されているが、これを実現させるためには、学校などにおける「主権者教育」の充実を重要視する声も多い。

また、選挙権年齢の引き下げに伴い、18~19歳の選挙運動も認められることになるが、民法の成年年齢(20歳)を改正しなければ、18歳は成人というわけではない。例えば、買収など連座制の対象になるような重大な選挙違反を犯した場合、少年法の「特例」として、成人と同様に刑事処分を行うこととしている。

このように、民法や少年法で定める成人年齢は20歳以上のまま改訂されないので、それぞれの法律にのっとった措置を講じることになる。
ただし、今後に向けて、改正案の付則に「民法、少年法その他の法令の規定について検討を加え、必要な法制上の措置を講ずる」と規定されている。

憲法改正のための手続を定めた国民投票法において、18歳以上の者に投票権があると定めたことに連動して、選挙権の年齢も引き下げる改正案が成立したが、今後「成人」とは何かの論議、民法や少年法など法律全般の見直しなど、さまざまな検討が必要となる。

【出典】 時事用語のABC(著:時事用語ABC編集部)
時事用語のABC

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14425614
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 時事用語のABC>政治・経済>法律    >    18歳選挙権

A D

時事用語のABCについて
今の社会が見えてくる話題のキーワードをやさしい言葉でわかりやすく解説しています。情報協力:松山大学檀研究室。社会貢献活動の一環としてメールマガジンなどのサービスを展開中。就職活動や資格試験のほか、教養・雑学の情報源として多く利用されている。
この言葉が収録されている辞典

 時事用語のABC


  • 【辞書・辞典名】時事用語のABC[link]
  • 【出版社】Ea,Inc.
  • 【編集委員】時事用語ABC編集部
  • 【書籍版の価格】
  • 【収録語数】
  • 【発売日】
  • 【ISBN】










関連辞典
時事用語のABC 時事用語のABC