見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・19日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から12日
    ┗「小雪」まで3日
    先負
    ・十支:(きのと)
    ・十二支:(う)
    月齢:11
    月名(旧歴日):十日余りの月(とおかあまりのつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ボーイング787-9【ぼーいんぐ787-9】





2014/8/7(木)、全日空(ANA)にて米ボーイング社の最新鋭旅客機「787-9」の定期便が就航する。「787-9」の定期旅客便運航は世界初。初便は羽田-福岡線で、同日、羽田-伊丹、羽田-松山線にも投入される。今後は国内の幹線ルート、ならびに国際線長距離ルートでの活躍が目されている。

「787-9」型機は、既に運航している「787-8」型機の胴体が6.1m延長されたタイプシートも60席増え、396席(国内線仕様)となっている。航続距離は1万5,400km。

燃費性能も23%向上しており、全日空側には原油価格の世界的高騰に対抗する狙いがある。「競合他社との格差は依然として大きいものがある。コストカットも含めて、徹底管理が必要」(伊東信一郎・全日空会長)。

全日空は世界最大のボーイング787発注元である。「787-8」型機36機、「787-9」型機44機が既に発注済となっている。「787-8」は28機が受領済、「787-9」は国内線仕様・国際線仕様3機が2014年度末までに受領予定(初号機は2014/7/29(火)受領が済んだばかり)である。

ちなみに、「787-9」の受領はニュージーランド航空が全日空より早く、7/9(土)に済ませている。ニュージーランド航空は「787-9」のローンチカスタマである。ローンチカスタマとは、航空機メーカーが膨大な資金をかけて新機種を開発・製造するために、完成後に十分な規模の発注をすることを確約している航空会社を指す用語。

なお現在、ボーイング社はさらに胴体を5.5m延長させた「787-10」型機をサウスカロライナ州ノースチャールストンの工場で製造している最中である。

【出典】 時事用語のABC(著:時事用語ABC編集部)
時事用語のABC

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14425592
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 時事用語のABC>商品・サービス>施設・建物    >    ボーイング787-9

A D

時事用語のABCについて
今の社会が見えてくる話題のキーワードをやさしい言葉でわかりやすく解説しています。情報協力:松山大学檀研究室。社会貢献活動の一環としてメールマガジンなどのサービスを展開中。就職活動や資格試験のほか、教養・雑学の情報源として多く利用されている。
この言葉が収録されている辞典

 時事用語のABC


  • 【辞書・辞典名】時事用語のABC[link]
  • 【出版社】Ea,Inc.
  • 【編集委員】時事用語ABC編集部
  • 【書籍版の価格】
  • 【収録語数】
  • 【発売日】
  • 【ISBN】










関連辞典
時事用語のABC 時事用語のABC