見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・16日
    ・金(Friday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から9日
    ┗「小雪」まで6日
    赤口
    ・十支:(みずのえ)
    ・十二支:(ね)
    月齢:8
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 一般教書演説【いっぱんきょうしょえんぜつ】





一般教書演説アメリカ大統領が上下両院議員を前に行う演説。国の現状についての見解や今後一年の内政・外政方針を提案する。予算教書、経済教書(経済報告)と並ぶ三大教書の一つで、「年頭教書」とも呼ばれる。米国民の注目度も高い。日本の首相の施政方針演説に相当する。

日本時間の2014/1/29午前、オバマ大統領にとって6回目、第2期オバマ政権で2回目の一般教書演説行われる。重点テーマは国内の所得格差の問題になるとみられる。最低賃金の引き上げでは、現行の1時間あたり$7.25から、1時間あたり$10.10にする案が出される見込み

決められない政治」による閉塞感が著しく、大統領の支持率も就任以来最低となっている米国の状況を打破するために、2014年を「行動の年」とすることを一般教書演説内で強調する予定であることが、ホワイトハウスから明らかにされている。具体的には、議会の協力が得られない分野--インフラ開発や職業訓練、気候変動、教育など--について大統領令などの権限を積極的に行使していく。

【出典】 時事用語のABC(著:時事用語ABC編集部)
時事用語のABC

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14425548
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 時事用語のABC>社会>国際社会    >    一般教書演説

A D

時事用語のABCについて
今の社会が見えてくる話題のキーワードをやさしい言葉でわかりやすく解説しています。情報協力:松山大学檀研究室。社会貢献活動の一環としてメールマガジンなどのサービスを展開中。就職活動や資格試験のほか、教養・雑学の情報源として多く利用されている。
この言葉が収録されている辞典

 時事用語のABC


  • 【辞書・辞典名】時事用語のABC[link]
  • 【出版社】Ea,Inc.
  • 【編集委員】時事用語ABC編集部
  • 【書籍版の価格】
  • 【収録語数】
  • 【発売日】
  • 【ISBN】










関連辞典
時事用語のABC 時事用語のABC