見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・13日
    ・水(Wednesday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から5日
    ┗「小雪」まで9日
    友引
    ・十支:(きのえ)
    ・十二支:(とら)
    月齢:16
    月名(旧歴日):十六夜(いざよい)/既望(きぼう)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 渋滞④【じゅうたい】


見えなくても渋滞していることがなぜわかる?



道路交通情報で欠かせないのが渋滞情報である。交通情報は、道路の渋滞状況を伝えるためにあるといってもよいほどだ。ドライバーは渋滞情報を聞くことによって、出かけることを控えたり、日時をずらしたり、あるいは経路を変更したりして渋滞を回避しようとする。渋滞情報で渋滞そのものを解消させることは難しいにしても、緩和させることはできる。そして何よりも、渋滞情報はドライバーのイライラを和らげるという効果がある。
予想もしていなかった渋滞、解消予測の立たない渋滞が、ドライバーを最もイライラさせる。渋滞による苛立ちは、事故を誘発させる原因でもある。
では、ニュースの発信元ではなぜ渋滞していることがわかるのだろうか。交通情報が開始された当初は、ヘリコプターパトロールカーなどによる直接目で見た情報しか提供できなかったが、情報収集の方法も年々高度化している。現在は超音波光ファイバー紫外線などを使って渋滞を調べている。要するに、道路に一定間隔ごとに設置した車両感知機で情報を収集し、それを一旦交通管制センターに送る。そこから道路情報として、ラジオテレビを通して発信しているのである。
感知機は渋滞箇所や渋滞の長さばかりではなく、コンピューターを使ってスピード判定もしているので、目的地までの時間予測もできる。幹線道路上に設置された道路情報の電光掲示板に、主要地点までの所要時間が表示されたりしているが、その正確さに驚いた人も少なくないだろう。可変的な車の流れでありながら、所要時間をほぼ正確に伝えることができるのは、刻一刻と変化する道路状況を車両感知機が察知し、その情報をコンピューターで処理しているからである。

【出典】 日本実業出版社(著:浅井 建爾)
道と路がわかる事典

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 5060101
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:渋滞対策①  渋滞対策②  渋滞③  渋滞②  

   


  1. ◆「渋滞④」の関連ワード

  2. 渋滞対策①

  3. 渋滞対策②

  4. 渋滞③

  5. 渋滞②


A D

道と路がわかる事典について
"道を切り口に日本を旅する楽しみに出会う本。身の回りの生活道路の不思議から、古道の歴史、国道や高速道路、橋やトンネル、乗り物まで""道と路""に関する知識が満載。"
この言葉が収録されている辞典

 道と路がわかる事典


  • 【辞書・辞典名】道と路がわかる事典[link]
  • 【出版社】日本実業出版社
  • 【編集委員】浅井 建爾
  • 【書籍版の価格】1,620
  • 【収録語数】255
  • 【発売日】2001年11月
  • 【ISBN】978-4534033154










関連辞典
道と路がわかる事典 道と路がわかる事典 道と路がわかる事典 道と路がわかる事典