見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・6月(水無月/June)
    ・17日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「芒種」から11日
    ┗「夏至」まで5日
    先勝
    ・十支:(きのと)
    ・十二支:(とり)
    月齢:13
    月名(旧歴日):十三夜月(じゅうさんやづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 渋滞①【じゅうたい】


日本で初めての渋滞はいつ起きたか?



道路交通の一番の弱点は「渋滞」である。他の交通機関、たとえば鉄道にしても飛行機にしても、事故や災害でも発生しない限り、渋滞(?)することはまずない。ほぼ定刻通りに目的地に到着する。それに比べ、道路交通ほどあてにならないものはない。道路には交通渋滞がつきまとうからである。交通事故の防止はもちろんのことだが、渋滞をいかに克服するかが、道路交通における最大のテーマだといってもいいだろう。道路行政はまさに渋滞との戦いなのだ。
渋滞は無駄な燃料を消費するばかりではなく、排気ガスや騒音の増大など、環境悪化の大きな要因にもなっている。また、渋滞でイライラを募らせ、それがエスカレートして犯罪に発展することも少なくない。そして何よりも、時間的なロスが大きいのである。日本の経済にとっては非常に大きな損失だ。これを数値で表わすことは難しいが、渋滞による時間の損失は、一人当り年間約五〇時間にも達するといわれ、これを国民の平均賃金で換算すると、年間約一二兆円もの損失になるというのである。いかに渋滞が社会悪であるかがわかるだろう。
交通渋滞は車の走っていなかった時代にはなかったはずだし、「渋滞」という用語自体、一般には使われなかった。人の長蛇の列を渋滞とはいわない。
では、日本で初めての渋滞はいつ発生したものだろうか。その歴史は極めて新しい。「渋滞」という用語が初めて使われたのは、一九六一(昭和三六)年に、警視庁ラジオ(文化放送)で、世界初という交通情報を流したときだといわれる。それ以前から東京や大阪では、渋滞の状態が発生はしていたのだろうが、渋滞とはいっていなかったようである。

【出典】 日本実業出版社(著:浅井 建爾)
道と路がわかる事典

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 5060098
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:渋滞②  渋滞③  自然歩道  サイクリングロード  

   


  1. ◆「渋滞①」の関連ワード

  2. 渋滞②

  3. 渋滞③

  4. 自然歩道

  5. サイクリングロード


A D

道と路がわかる事典について
"道を切り口に日本を旅する楽しみに出会う本。身の回りの生活道路の不思議から、古道の歴史、国道や高速道路、橋やトンネル、乗り物まで""道と路""に関する知識が満載。"
この言葉が収録されている辞典

 道と路がわかる事典


  • 【辞書・辞典名】道と路がわかる事典[link]
  • 【出版社】日本実業出版社
  • 【編集委員】浅井 建爾
  • 【書籍版の価格】1,620
  • 【収録語数】255
  • 【発売日】2001年11月
  • 【ISBN】978-4534033154










関連辞典
道と路がわかる事典 道と路がわかる事典 道と路がわかる事典 道と路がわかる事典