見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・18日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から10日
    ┗「小雪」まで4日
    先勝
    ・十支:(つちのと)
    ・十二支:(ひつじ)
    月齢:21
    月名(旧歴日):二十日余りの月(はつかあまりのつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 若狭街道【わかさかいどう】


若狭街道をなぜ鯖街道という?



現代のように交通の発達していなかった時代、海から遠く離れた地域の人々にとって、魚介類は貴重な蛋白源だった。日本の旧首都京都には海がない。魚が京都の人の食膳に上ることは少なかったことだろう。
今でこそ太平洋側が表日本だと大きな顔をしているが、中世までは大陸と相対する日本海側が、日本の表側だったのである。若狭湾のほぼ中央に位置する小浜は良港に恵まれ、古くから中国や朝鮮と交流があった。小浜は大陸文化の上陸地、すなわち京都への玄関口だったのである。京都への最短距離でもあったことから、京都との結びつきも強かった。小浜が「海のある奈良」と称され、国宝級の寺社が多いのもうなずけよう。
日本海に揚がった魚介類は、小浜から京都に運ばれた。この交通路が若狭街道である。京都へは二通りのルートがあった。ひとつは小浜から琵琶湖北西岸の今津へ抜けるもの。小浜から今津まで約三八kmあったことから九里半越えともいわれた。今津からは湖上を大津まで行き、そこから京都へ入った。もうひとつのルートは、琵琶湖の手前で南に折れ、花折峠、大原を経て京都に至る道で、この道が京都への最短距離だった。だが、京都まではどう急いでも丸一日かかる。保冷技術のなかった当時、魚介類を生のままで京都まで運ぶことは困難であった。特に鯖の鮮度は落ちやすい。そこで、魚を塩でしめてから陸送するという方法がとられた。行商人に担がれた鯖は、遠い道のりを京都まで運ばれた。
ところが、輸送に丸一日要したところに大きな意味があったのである。京都に着いた頃には塩加減もほどよく、特に塩鯖は京都の人々には大変な人気を呼んだ。こんなところから、若狭街道のことを鯖街道と呼ぶようになったのであろう。

【出典】 日本実業出版社(著:浅井 建爾)
道と路がわかる事典

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 5060056
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:絹の道  幕府直轄の幹線道  塩の道  朝鮮通信使  

   


  1. ◆「若狭街道」の関連ワード

  2. 絹の道

  3. 幕府直轄の幹線道

  4. 塩の道

  5. 朝鮮通信使


A D

道と路がわかる事典について
"道を切り口に日本を旅する楽しみに出会う本。身の回りの生活道路の不思議から、古道の歴史、国道や高速道路、橋やトンネル、乗り物まで""道と路""に関する知識が満載。"
この言葉が収録されている辞典

 道と路がわかる事典


  • 【辞書・辞典名】道と路がわかる事典[link]
  • 【出版社】日本実業出版社
  • 【編集委員】浅井 建爾
  • 【書籍版の価格】1,620
  • 【収録語数】255
  • 【発売日】2001年11月
  • 【ISBN】978-4534033154










関連辞典
道と路がわかる事典 道と路がわかる事典 道と路がわかる事典 道と路がわかる事典