見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・12月(師走/December)
    ・6日
    ・金(Friday)
    ・二十四節気
    ┣「小雪」から14日
    ┗「大雪」まで1日
    友引
    ・十支:(ひのと)
    ・十二支:(うし)
    月齢:9
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 パーキングエリアとサービスエリア①【ぱーきんぐえりあとさーびすえりあ】


高速道路で温泉気分SAにお湯が湧く



インターチェンジとともに、高速道路になくてはならない施設に、パーキングエリア(PA)とサービスエリア(SA)がある。高速道路は、一般道路のように信号で止まることもなければ、路肩に車を止めて休憩するということもできない。高速道路での連続運転は、一般道路よりもはるかに疲労度が高い。変化の乏しい殺伐とした道路を走り続けてきたドライバーたちにとって、PAやSAは唯一身体を休めることのできるエリアなのである。
PAは駐車場トイレ、売店など、必要最小限のものを備えた施設で、一〇~二五km間隔で設置することが義務づけられている。SAは、その名称からもわかるように、高速道路の利用者にサービスを提供する施設で、PAより規模が大きいレストランガソリンスタンドなども設けられており、高速道路から外へ出ることなく用を済ませ、目的地までたどり着くことができる。五〇~一〇〇km間隔で設置されているのが普通である。
わが国には、温泉が湧いているという珍しいSAもある。中央自動車道の諏訪湖畔にある諏訪湖SAがそれで、日本で初の温泉浴場「ハイウェイ温泉諏訪湖」があることで知られている。ドライバーたちにとってはまさに天国、何よりのご馳走である。東京から名古屋まで、この温泉でひと風呂浴びたいがために、東名高速を敬遠して中央自動車道を利用するドライバーもいるという人気ぶり。まさに砂漠の中のオアシスといった感さえあるのだ。
諏訪市には、このほかにも日本一高くまで噴き上げる間欠泉があるし、駅のプラットホームには世界初の露天風呂がある。それに温泉植物園もありと、まさに町中から温泉が湧いている温泉一色の観光都市である。

【出典】 日本実業出版社(著:浅井 建爾)
道と路がわかる事典

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 5060034
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 道と路がわかる事典>2章 国道・高速道路の雑学>    >    パーキングエリアとサービスエリア①

A D

道と路がわかる事典について
"道を切り口に日本を旅する楽しみに出会う本。身の回りの生活道路の不思議から、古道の歴史、国道や高速道路、橋やトンネル、乗り物まで""道と路""に関する知識が満載。"
この言葉が収録されている辞典

 道と路がわかる事典


  • 【辞書・辞典名】道と路がわかる事典[link]
  • 【出版社】日本実業出版社
  • 【編集委員】浅井 建爾
  • 【書籍版の価格】1,620
  • 【収録語数】255
  • 【発売日】2001年11月
  • 【ISBN】978-4534033154










関連辞典
道と路がわかる事典 道と路がわかる事典 道と路がわかる事典 道と路がわかる事典