見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・12日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から4日
    ┗「小雪」まで10日
    先勝
    ・十支:(みずのと)
    ・十二支:(うし)
    月齢:15
    月名(旧歴日):望月/十五夜/天満月(あまみつつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 輸送機関【ゆそうきかん】


陸上交通は道路が主役



自動車より鉄道の歴史の方が古かったということもあるが、政府は陸上交通輸送機関として鉄道を優先した。そのため道路の整備は遅れ、長い間鉄道が陸上輸送の主役であった。しかし昭和四〇年代に入ると、モータリゼーションが到来して道路整備は急速に進み、高速道路時代に入ったいま、道路すなわち自動車が、陸上交通の主役の座についたといえる。
旅客輸送についていえば、大量輸送、高速性という面では鉄道におよばないが、自動車には玄関先から乗り換えることなく、目的地に到達できるという便利さがある。しかも時間や場所に縛られることなく、途中どこにでも立ち寄ることができるという融通性もある。そういった利点が受け入れられ、今では陸上交通における旅客輸送は、七〇%近くが自動車によるものである。
貨物輸送においては、両者の差はさらに大きい。鉄道は駅から駅までは確かに高速性に優れているが、目的地まではトラックに頼らざるをえない。荷物の積み換えによる時間のロスや、荷物の傷みも避けられず、結局はコスト高になる。それに比べ、トラック輸送には荷物の積み換えの必要がない。戸口から戸口まで直接運べるという強味がある。高速道路も着々と整備が進んでおり、高速性においてもトラック便の方が優れているのである。
貨物輸送といえば、かつては鉄道によるコンテナ便が主流だったが、今では完全にトラック便が主導権を握っている。貨物輸送の九〇%以上はトラック便によるものであり、特に野菜や果物、水産物などの生鮮食品日用品の輸送は、九九・九%以上がトラック便なのである。コンテナをいくつも乗せた長い貨物列車がレールの上を走っていく光景は、もはや過去のものになってしまった。

【出典】 日本実業出版社(著:浅井 建爾)
道と路がわかる事典

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 5060013
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:避難路  国道の定義  水準点  地点標・水準点  

   


  1. ◆「輸送機関」の関連ワード

  2. 避難路

  3. 国道の定義

  4. 水準点

  5. 地点標・水準点


A D

道と路がわかる事典について
"道を切り口に日本を旅する楽しみに出会う本。身の回りの生活道路の不思議から、古道の歴史、国道や高速道路、橋やトンネル、乗り物まで""道と路""に関する知識が満載。"
この言葉が収録されている辞典

 道と路がわかる事典


  • 【辞書・辞典名】道と路がわかる事典[link]
  • 【出版社】日本実業出版社
  • 【編集委員】浅井 建爾
  • 【書籍版の価格】1,620
  • 【収録語数】255
  • 【発売日】2001年11月
  • 【ISBN】978-4534033154










関連辞典
道と路がわかる事典 道と路がわかる事典 道と路がわかる事典 道と路がわかる事典