見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・12日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から5日
    ┗「小雪」まで10日
    友引
    ・十支:(つちのえ)
    ・十二支:(さる)
    月齢:4
    月名(旧歴日):四日月(よっかづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 イスラム暦【いすらむれき】


複数の暦を併用



◆「ラマダーンに立ちのぼる新月」の意味
 柳の葉のように細く美しい眉のことを中国では「柳眉」と呼んだが、イスラム世界では昔から、「ラマダーンに立ちのぼる新月のごとし」と形容される。ラマダーンとはイスラム暦の第九月のことである。イスラム教においてはラマダーンは神聖な断食月として定められていて、日の出から日の入りまで、病人、幼児、妊婦などを除き、いっさいの飲食が禁じられている。
 ラマダーンの最終日の日没後、西の空に生まれたばかりの新月がみえると、第一〇月シャッワールが始まるイスラム世界では日没が一日の始まり)。しかも、シャッワールの一日から三日にかけては、イスラム教の二大祭(イード)の一つであるイード・アル・フィトルが盛大に祝われる。「ラマダーンに立ちのぼる新月」というのは、辛く苦しい断食の終了と同時に、祭の開始を意味する二重の喜びの表現である。美女を前にして新月のような眉といっただけでは、それこそ「月並み」な形容になってしまうわけだ。
太陰暦では月の満ち欠けカレンダーがわりになるが……
 イスラム暦を制定したのは、預言者ムハンマド(マホメット)である。メッカで迫害を受けたムハンマドは、七〇余人の信者(ムスリム)とその家族を率いてメディナに移住(ヒジュラ)して、そこで初の教団国家を建設した。ムハンマドはメディナ到着の六二二年(西暦)をイスラム暦の紀元元年と定めた。このためイスラム暦ヒジュラ(太陰)暦とも呼ばれる。
 イスラム暦は純粋な太陰暦である。月が地球を一周するのに要する時間、つまり一朔望月は約二九・五日なので、イスラム暦では奇数月を大の月(三〇日)、偶数月を小の月(二九日)として、月の満ち欠けを暦と一致させた。夜空の月がカレンダーがわりになる合理的な暦であるが、これでは一年が三五四日にしかならないので、一太陽年との間に一一日もの差が生まれてしまう。このため、神聖なラマダーン(断食月)やズー・アルヒッジャ(メッカへの巡礼月)が、真夏であったり真冬であったりする。ただ、これらは季節行事ではなく宗教的な意味をもつものだから、信者にとって違和感はないようだ。
 また、宗教行事はイスラム暦に従うが、農業や地租徴収には不便なので、エジプトのコプト暦イラン暦といった太陽暦も併用され、近代以降は新たにグレゴリオ暦も加わった。イスラム世界の暦はアラベスク模様のように多様である。

【出典】 日本実業出版社(著:吉岡 安之)
暦の雑学事典

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 5040057
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 暦の雑学事典>3章 暦の進化史>    >    イスラム暦

A D

暦の雑学事典について
身近な話題から歳時記まで、暦の蘊蓄が盛り沢山。「暦はなぜコヨミというのか」「一週間はなぜ七日なのか」「曜日名は世界共通ではない」など知っているとちょっと楽しい知識を紹介。
この言葉が収録されている辞典

 暦の雑学事典


  • 【辞書・辞典名】暦の雑学事典[link]
  • 【出版社】日本実業出版社
  • 【編集委員】吉岡 安之
  • 【書籍版の価格】1,404
  • 【収録語数】198
  • 【発売日】1999年12月
  • 【ISBN】978-4534030214










関連辞典
暦の雑学事典 暦の雑学事典 暦の雑学事典 暦の雑学事典