見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2017年(平成29年/)
    ・12月(師走/December)
    ・11日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から4日
    ┗「冬至」まで11日
    先負
    ・十支:(みずのえ)
    ・十二支:(さる)
    月齢:22
    月名(旧歴日):下弦の月/下つ弓張(しもつゆみはり)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 「幸・不幸」に関することわざ



[開(あ)いた口(くち)へ牡丹CID(7799)(ぼたもち)]努力も苦労もしないのに、思い掛けない幸運に恵まれることのたとえ。《類》「棚(たな)から牡丹CID(7799)(ぼたもち)」「鴨(かも)が葱(ねぎ)を背負(しょ)って来(く)る」
[犬(いぬ)も歩(ある)けば棒(ぼう)に当(あ)たる]何もしないでじっとしているだけでは得るものはないが、積極的に行動していれば思いの外の幸運に恵まれるというたとえ。
[果報(かほう)は寝(ね)て待(ま)て]幸運は求めて得られるものではない。人事を尽くして、焦らず気長に待っていれば、そのうち、必ずやってくるものだということ。《類》「待(ま)てば海路(かいろ)の日和(ひより)あり
[幸(しあわ)せは袖褄(そでつま)に付(つ)かず]幸せはどこにでもあるわけではなく、得がたいものであることのたとえ。「袖褄」は着物の袖と褄。また、衣服の総称。
[不幸(ふこう)が幸(しあわ)せ]不幸なことが逆に幸せになることもある。また、考え方によっては不幸の中にも幸せと思われるものがあるものだということ。
[弱(よわ)り目(め)に祟(たた)り目(め)]不幸の上にさらに不幸が襲うこと。《類》「泣(な)きっ面(つら)に蜂(はち)」「痛(いた)い上(うえ)の針(はり)」

【出典】 あすとろ出版(著:現代言語研究会)
日本語使いさばき辞典

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 4382070
    0
    しおり
  •      
  •      




   


◆関連最新まとめ


  1. 日本語使いさばき辞典>>    >    「幸・不幸」に関することわざ

A D

日本語使いさばき辞典について
日本語を具体的な意味・内容から引くことができる辞典。日常的によく使う125の基本語から縁戚語彙を状態・種別・形態・程度・その他のグループに分類し解説。和語・漢語から作歌にに役立つ基礎古語・歌語まで約740語を収録。また擬音、擬態語、慣用句、故事、成語、ことわざ等も掲載し豊かな日本語を再確認することができる。
この言葉が収録されている辞典

 日本語つかいさばき辞典


  • 【辞書・辞典名】日本語つかいさばき辞典[link]
  • 【出版社】あすとろ出版
  • 【編集委員】現代言語研究会
  • 【書籍版の価格】3,024
  • 【収録語数】740
  • 【発売日】1997年9月
  • 【ISBN】978-4755508288










関連辞典
日本語使いさばき辞典 日本語使いさばき辞典 日本語使いさばき辞典 日本語使いさばき辞典 日本語使いさばき辞典