見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2017年(平成29年/)
    ・12月(師走/December)
    ・13日
    ・水(Wednesday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から6日
    ┗「冬至」まで9日
    大安
    ・十支:(きのえ)
    ・十二支:(いぬ)
    月齢:24
    月名(旧歴日):鎮静の月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 「足・脚」に関する主な言葉



[腰から下全体]足(あし)・下肢(かし)・脚(あし)・脚(きゃく)
[特に足首から爪先まで]足(あし)
[足の幼児語]あんよ
[他人の足の丁寧語]御御足(おみあし)
[大きな]大足(おおあし)
[足の踝(くるぶし)の上の部分、または下の称]足首(あしくび)・足頸(あしくび)
[脚のひざから上]上CID(7728)(じょうたい)・大CID(7728)(だいたい)・股(もも)・股(また)・小股(こまた)
[脚の付け根に近いもも]太CID(7728)(ふともも)
[ももの内側]内CID(7728)(うちもも)・内股(うちもも)・内股(うちまた)
[ももとすねの間の関節]膝(ひざ)・小膝(こひざ)
[ひざの前面]膝頭(ひざがしら)・膝小僧(ひざこぞう)
[左右のひざ]諸膝(もろひざ)
[片方のひざ]片膝(かたひざ)
[左右に開いたひざ。また、その座り方]割(わ)り膝(ひざ)
[ひざ頭の下のくぼんだ所]三里(さんり)
[ひざから足首までの部分]脛(すね)・臑(すね)・脛(はぎ)・下CID(7728)(かたい)
[すねの前側]向(む)こう脛(ずね)・脛(すね)・臑(すね)・弁慶(べんけい)の泣(な)き所(どころ)
[すねの後ろ側]脹(ふく)ら脛(はぎ)・脛(はぎ)・腓(こむら)・腓(こぶら)
[毛が多く生えたすね]毛脛(けずね)
[靴下などをはいていない足]素足(すあし)
[急に走ったときなどに起こるふくらはぎのけいれん]腓返(こむらがえ)り
[足首の両側に突き出た所]踝(くるぶし)
[足の上側]足(あし)の甲(こう)
[足の底の部分]足(あし)の裏(うら)
[足の裏のくぼんだ所]土踏(つちふ)まず
[足の裏の後部]踵(かかと)・踵(きびす)・踵(くびす)
[足の指の先]爪先(つまさき)
[脚と脚の間]股(また)・股間(こかん)
[外の方に曲がっている両足。その人]蟹股(がにまた)
[両足を広く開くこと]大股(おおまた)・大足(おおあし)
[左右の足のうち、より自由のきく足]利(き)き足(あし)
[足が胴につながる内側の部分]鼠蹊(そけい)・鼠径(そけい)
[両足を広げてできる空間]股座(またぐら)・胯座(またぐら)
[両方の]両足(りょうあし)・両脚(りょうあし)・双脚(そうきゃく)
[片方の]片足(かたあし)・隻脚(せっきゃく)
[失った足の代わりに作った人工の]義足(ぎそく)・義肢(ぎし)

【出典】 あすとろ出版(著:現代言語研究会)
日本語使いさばき辞典

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 4381151
    0
    しおり
  •      
  •      




   


◆関連最新まとめ


  1. 日本語使いさばき辞典>>    >    「足・脚」に関する主な言葉

A D

日本語使いさばき辞典について
日本語を具体的な意味・内容から引くことができる辞典。日常的によく使う125の基本語から縁戚語彙を状態・種別・形態・程度・その他のグループに分類し解説。和語・漢語から作歌にに役立つ基礎古語・歌語まで約740語を収録。また擬音、擬態語、慣用句、故事、成語、ことわざ等も掲載し豊かな日本語を再確認することができる。
この言葉が収録されている辞典

 日本語つかいさばき辞典


  • 【辞書・辞典名】日本語つかいさばき辞典[link]
  • 【出版社】あすとろ出版
  • 【編集委員】現代言語研究会
  • 【書籍版の価格】3,024
  • 【収録語数】740
  • 【発売日】1997年9月
  • 【ISBN】978-4755508288










関連辞典
日本語使いさばき辞典 日本語使いさばき辞典 日本語使いさばき辞典 日本語使いさばき辞典 日本語使いさばき辞典