見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・18日
    ・土(Saturday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から11日
    ┗「処暑」まで5日
    友引
    ・十支:(みずのえ)
    ・十二支:(うま)
    月齢:6
    月名(旧歴日):六日月(むいかづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 草廬三顧【そうろさんこ】



いわゆる”三顧の礼”を尽くすこと。優秀な人材を獲得するには、それ相応の礼儀と処遇が必要というたとえ。草廬は、草庵、いおり、わびずまい。三国時代、蜀の劉備のもとには、関羽、張飛、趙雲らの勇将豪傑はいたが、策略の士がいなかった。それを痛感した劉備が「彼こそは」と見込んだ人物が諸葛孔明であった。孔明は、戦乱の世を避け、草庵に隠居していた。劉備は、わざわざ自分自身で三度も訪ねていった。これが世に名高い三顧の礼”で、孔明はその熱意にうたれて草庵を出た。孔明は期待に応え、全知全能をしぼって劉備のために尽くした。劉備は、「孔明を得たことは、魚が水を得たとでもたとえたいほどだ」と孔明の才幹に傾倒し、師として敬い、寝食をともにした。劉備と孔明の関係は、君臣の間柄の親密さの手本とされ、これを”水魚の交わり”という。これをまねたのが秀吉で、竹中半兵衛を参謀にするとき、このとおりにした。
『蜀志』諸葛亮。
三顧之礼
水魚之交

【出典】 日本実業出版社(著:真藤 建志郎)
四字熟語の辞典

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 4373810
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:刎頸之友  南船北馬  万水千山  万死一生  

   


  1. ◆「草廬三顧」の関連ワード

  2. 刎頸之友

  3. 南船北馬

  4. 万水千山

  5. 万死一生


A D

四字熟語について
日本人として知っておきたい四字熟語の辞典。日常さまざまなところで使われる四字熟語から、ふだんあまり目に触れることのない四字熟語まで約1,000語収録。解説文には同義語・反意語・類語なども盛り込まれている。
この言葉が収録されている辞典

 「四字熟語」の辞典


  • 【辞書・辞典名】「四字熟語」の辞典[link]
  • 【出版社】日本実業出版社
  • 【編集委員】真藤 建志郎
  • 【書籍版の価格】1,467
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】1993年8月
  • 【ISBN】978-4534020482










関連辞典
四字熟語の辞典 四字熟語の辞典 四字熟語の辞典 四字熟語の辞典 四字熟語の辞典 四字熟語の辞典