見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・17日
    ・土(Saturday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から9日
    ┗「処暑」まで6日
    大安
    ・十支:(ひのえ)
    ・十二支:(いぬ)
    月齢:16
    月名(旧歴日):十六夜(いざよい)/既望(きぼう)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 帰りなんいざ田園将に蕪れなんとすなんぞ帰らざる



名言名句
帰りなんいざ田
園将に蕪れなんとすなんぞ帰らざる
【解説】
少年時代から美しい自然の風景に親しんでいたが、生活のために官吏となり、やがて辞官の決意をする。「既に自ら心を以てからだのしもべと為す/なんぞ惆悵として独り悲しむや」と続く。
美しい田園が待っている。都会の喧燥と意のままにならぬ宮仕えを捨てて、自然のふところに帰ろう。生活のために自分の理想に反して仕官してしまった。過ぎ去ったことを悔やんでもしかたがない。これから人生の正しい進路をとるのだ、という決心をうたった。
【作者】陶淵明
【生没年】365~427
【職業】中国の文人
【出典】帰去来の辞』
【参考】陶淵明は東晋の末期の人。一度|桓玄に廃された安帝が劉裕によって復位した四〇五年、陶淵明は八月に県令となり、十一月には職を辞している。安帝は劉裕の傀儡にすぎず、十五年後の四二〇年、東晋は滅びる。陶淵明は田園で暮らし、二度と仕官しなかった。

【出典】 あすとろ出版(著:現代言語研究会)
名言名句の辞典

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 5450343
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 名言名句の辞典>3人間>自然と人間    >    帰りなんいざ田園将に蕪れなんとすなんぞ帰らざる

A D

名言名句の辞典について
日本語を使いさばくシリーズ。古今東西偉人賢人の名言名句を約700収録。やさしい言葉・はげまされる言葉・びりっとした言葉など味わい深いフレーズを厳選。スピーチやメッセージに活用したい。
この書籍の関連アプリ

 アプリ

名言名句の辞典

名言名句の辞典

  • 定価:960
  • 古今東西偉人賢人の名言名句およそ70...>>続く
Google Play