見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・19日
    ・日(Sunday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から12日
    ┗「処暑」まで4日
    先負
    ・十支:(みずのと)
    ・十二支:(ひつじ)
    月齢:7
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 たのしみはとぼしきまゝに人集め酒飲め物を食へといふとき



名言名句
たのしみはとぼし
きまゝに人集め酒飲め物を食へといふとき
【解説】
いつもホームパーティーをやっているような裕福な家庭ではない。貧乏暮らしのなかで、祝い事やうれしいことがあったときに親しい人を呼び集めて酒食をふるまう。来る人も何かしら持ち寄り、狭い家の中をいっぱいにして語り合い楽しいときを過ごす。イタリア映画の名作『鉄道員』にもそんなシーンがあった。そんなささやかな楽しみの温かさが幸せでなくてなんだろう。
【作者】橘 曙覧
【生没年】1812~68
【職業】歌人、国学者
【参考】橘曙覧は江戸末期の歌人。福井に住み、清貧の生活に甘んじて家族への愛の生涯を送った。この歌は、「たのしみは」で始まり「のとき」でしめくくる歌を集めた『独楽吟』のなかの一つ。天皇・皇后両陛下のご訪米の際、当時のクリントン大統領が「たのしみは朝起き出でて昨日までなかりし花の咲ける見るとき」をスピーチのしめくくりとしたことは有名である。
正岡子規が「源|実朝以来、歌人の名に値するものは橘曙覧ただ一人」と絶賛したことからその名が広く知られるようになったという。

【出典】 あすとろ出版(著:現代言語研究会)
名言名句の辞典

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 5450062
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 名言名句の辞典>1人生>豊かに生きる    >    たのしみはとぼしきまゝに人集め酒飲め物を食へといふとき

A D

名言名句の辞典について
日本語を使いさばくシリーズ。古今東西偉人賢人の名言名句を約700収録。やさしい言葉・はげまされる言葉・びりっとした言葉など味わい深いフレーズを厳選。スピーチやメッセージに活用したい。
この言葉が収録されている辞典

 名言名句の辞典


  • 【辞書・辞典名】名言名句の辞典[link]
  • 【出版社】あすとろ出版
  • 【編集委員】現代言語研究会
  • 【書籍版の価格】1,728
  • 【収録語数】700
  • 【発売日】2008年4月
  • 【ISBN】978-4755508141










この書籍の関連アプリ

 アプリ

名言名句の辞典

名言名句の辞典

  • 定価:960
  • 古今東西偉人賢人の名言名句およそ70...>>続く
Google Play

関連辞典
名言名句の辞典 名言名句の辞典 名言名句の辞典 名言名句の辞典 名言名句の辞典 名言名句の辞典 名言名句の辞典