見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・6月(水無月/June)
    ・20日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「芒種」から14日
    ┗「夏至」まで2日
    仏滅
    ・十支:(つちのえ)
    ・十二支:(ね)
    月齢:16
    月名(旧歴日):十六夜(いざよい)/既望(きぼう)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 老いたる馬は道を忘れず【おいたるうまはみちをわすれず】




【故事】故事
【解説】老馬は通った道をよく覚えているように、経験が豊かな人は物事の判断を誤らないということ。旧主の恩義を忘れないたとえにも使う。
他国を攻めた軍勢が帰り道に迷った時、老馬を先に立てて無事に帰国した故事から。
【出典】韓非子。
類義語亀の甲より年の劫年寄りの言うことと牛の鞦は外れない老馬の智

【出典】 あすとろ出版(著:現代言語研究会)
故事ことわざの辞典

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 5550486
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 故事ことわざの辞典>人間>才能や力量    >    老いたる馬は道を忘れず
  1. ◆「老いたる馬は道を忘れず」の関連ワード

  2. 追風に帆を上げる

  3. 老いては子に従え

  4. 老い木は曲がらぬ

  5. 老い木に花咲く


A D

故事ことわざの辞典について
"日本語を使いさばくシリーズ。「這えば立て立てば歩めの親心 」「可愛い子には旅をさせよ 」「親の十七子は知らぬ 」など親子の関係を表す故事ことわざは数知れず。日本人が古来から使ってきた故事ことわざを約3,000語収録。"
この言葉が収録されている辞典

 故事ことわざの辞典


  • 【辞書・辞典名】故事ことわざの辞典[link]
  • 【出版社】あすとろ出版
  • 【編集委員】現代言語研究会
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】3,000
  • 【発売日】2007年9月
  • 【ISBN】978-4755508097










この書籍の関連アプリ

 アプリ

故事ことわざの辞典

故事ことわざの辞典

  • 定価:1080
  • 日本人が古来使いさばいてきた故事こと...>>続く
Google Play

関連辞典
故事ことわざの辞典 故事ことわざの辞典 故事ことわざの辞典 故事ことわざの辞典 故事ことわざの辞典 故事ことわざの辞典