見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・7月(文月/July)
    ・21日
    ・日(Sunday)
    ・二十四節気
    ┣「小暑」から14日
    ┗「大暑」まで2日
    赤口
    ・十支:(つちのと)
    ・十二支:(ひつじ)
    月齢:18
    月名(旧歴日):居待月(いまちづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 対岸の火事【たいがんのかじ】



自分には何の関係もないこととして、苦痛を感じたり、危機感を抱いたりする事が全く無い。
A社の問題は、対岸の火事だと静観していると我が社にも危険が及ぶ。
アメリカの不景気は、日本にとって対岸の火事だと言っていられない。
【参考】対岸の火事は、こちらに飛び火する心配がないところから。

【出典】 あすとろ出版(著:現代言語研究会)
慣用句の辞典

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 5350888
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:太鼓判を押す  太鼓を叩く  大概にする  損得ずく  

   


  1. 慣用句の辞典>性格・態度>傍観する    >    対岸の火事
  1. ◆「対岸の火事」の関連ワード

  2. 太鼓判を押す

  3. 太鼓を叩く

  4. 大概にする

  5. 損得ずく


A D

慣用句の辞典について
"日本語を使いさばくシリーズ。場面や気持ちを豊かに表現する、日常生活に役立つ慣用句約2,000語を収録。テーマ別に分類した索引を用意し、用例などを使って分かりやすく解説。"
関連電子書籍
そろばんで脳力UP
脳の老化を防ぎたい一般男女をメインターゲット。そろばんを指で弾いて脳を活性化させ、集中力・記憶力を高めることを目的とした楽しい計算反復ドリル。…
この言葉が収録されている辞典

 慣用句の辞典


  • 【辞書・辞典名】慣用句の辞典[link]
  • 【出版社】あすとろ出版
  • 【編集委員】現代言語研究会
  • 【書籍版の価格】1,620
  • 【収録語数】2,000
  • 【発売日】2007年12月
  • 【ISBN】978-4755508172










この書籍の関連アプリ

 アプリ

慣用句の辞典

慣用句の辞典

  • 定価:960
  • 日常生活に役立つ慣用句約2000を「...>>続く
Google Play

関連辞典
慣用句の辞典 慣用句の辞典 慣用句の辞典 慣用句の辞典 慣用句の辞典 慣用句の辞典