見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・2月(如月/February)
    ・21日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「雨水」から2日
    ┗「啓蟄」まで13日
    大安
    ・十支:(つちのと)
    ・十二支:(うし)
    月齢:16
    月名(旧歴日):十六夜(いざよい)/既望(きぼう)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 老視・調節障害【ろうし・ちょうせつしょうがい】


Presbyopia/Accommodative Dysfunction



 老眼(老視)とは、目のピント合わせをするレンズの役割をする水晶体の弾力性が低下して調節力が弱まったために、近いところが見えにくくなる状態で、40歳前後から始まり、誰もがなる目の老化現象の1つです。
 無理して近くにピントを合わせていると疲れてしまい、目のかすみだけでなく、肩こりや頭痛が起こることもあります。また、明るいところでは見えるのに、薄暗いと見えにくいのも特徴です。子どもや若い人でも、読書やTV(ゲーム)視聴、パソコンなどOA機器を使うVDT(ディスプレイ端末)作業を続けていると、近くにピントを合わせる調節力に負担をかけるための調節障害として、調節緊張(毛様体筋による調節のための緊張が、遠くを見るのに切り替えようとしてもピントが合いにくい状態)や調節衰弱(遠近のピント合わせに時間がかかったり、不十分になる状態)もみられます。
 斜視・弱視や神経・筋疾患が原因のこともあります。放っておくと、疲れ目(眼精疲労)がひどくなり、身体症状(頭痛・肩こり・吐きけ・めまい)がでたり、子どもの場合、原因となる病気が重症化したり、弱視になることがあるため、原因をしっかり検索したり、調節を補う矯正をします。

【出典】 日本医療企画(著:寺下 謙三)
標準治療(寺下医学事務所)

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 5035480
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 標準治療(寺下医学事務所)>病名>眼科    >    老視・調節障害

A D

標準治療(寺下医学事務所)について
あなたの最適な治療法がわかる本。誰もがかかる可能性の高い代表的な疾患約570を収録、各疾患ごとに最適な治療法を具体的に解説している。また、治療を受ける上で気になる医療用語、診療科別の名医紹介、コラムなども掲載している。
関連電子書籍
私を救う医者はどこ?
【著者より】病の恐れをひとり抱えている時、身内に重病の患者が出た時、あなたは何を頼りにしますか。特効薬?最新設備の病院?何より大切なのは、あなたの決断を親身になってサポートする医療…
この言葉が収録されている辞典

 標準治療


  • 【辞書・辞典名】標準治療[link]
  • 【出版社】日本医療企画
  • 【編集委員】寺下 謙三
  • 【書籍版の価格】5,142
  • 【収録語数】1,787
  • 【発売日】2006年7月
  • 【ISBN】978-4890417162










関連辞典
標準治療(寺下医学事務所) 標準治療(寺下医学事務所)