見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・2月(如月/February)
    ・20日
    ・水(Wednesday)
    ・二十四節気
    ┣「雨水」から1日
    ┗「啓蟄」まで14日
    仏滅
    ・十支:(つちのえ)
    ・十二支:(ね)
    月齢:15
    月名(旧歴日):望月/十五夜/天満月(あまみつつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 子宮内膜症【しきゅうないまくしょう】


Endometriosis



 子宮内膜は女性ホルモン(エストロゲン)の作用により増殖して分厚くなり、排卵後の黄体が分泌するプロゲステロンの影響で分泌期に移行します。黄体が退縮してエストロゲン、プロゲステロンが分泌されなくなると、はがれ落ちます。これがすなわち「月経(生理)」です。子宮内膜症は、子宮内膜に似た組織が異所性(=子宮内膜以外)に発生し活動する病気です。近年増加傾向にあり、自覚症状のない軽症例も含めると、10人に1人くらいの高頻度といわれています。なお、閉経期を迎えると発症の頻度は急激に減少していきます。月経痛と慢性骨盤痛を主体とする疼痛症状は女性の日常生活に大きな影響を与え、成人女性の約半数が就労している現代社会において重大な社会、経済的損失を招いています。
 子宮内膜症が発生しやすい場所は、主に卵巣や子宮(子宮腺筋症という別の病名が付いています)、腹膜、臓器の表面(卵巣や子宮、ダグラス窩〈か〉、腸や直腸など)です。まれに肺やへそ、膀胱にも発生することがあります。月経と同じように、女性ホルモン(エストロゲン)によって内膜症組織が増殖し、ホルモンがなくなると出血します。
 これだけポピュラーな子宮内膜症ですが、病気の発症するメカニズムはまだはっきりとはわかっていません。メインの仮説として「移植説(転移説)」と「腹膜化生説(胎性体腔上皮化生説)」があげられますが、子宮内膜症の発生機序を一元的に説明することは困難であり、いまだ専門家の間で議論が続いています。
 「移植説」は、月経血が体外へ出ずに卵管を伝って腹腔(ふくくう)内に逆流し、そのまま生着するというものです。子宮は腟とつながっていますが、同時に卵管を通じて腹腔内(お腹のなか)とも交通しています。月経血は腟から排出されるのと同時に腹腔内へも逆流します。通常は自然に吸収されていきますが、月経血のなかにまだ生きた内膜細胞が存在した場合、骨盤内の腹膜や卵巣に生着し、内膜症を発症させるというものです。
 一方「化成説」は、腹膜中皮とミュラー管由来の子宮内膜はいずれも胎生期の体腔上皮に由来するものですので、何らかの刺激が加わることで腹膜中皮が子宮内膜組織のように分化して子宮内膜症が発症するというものです。
 子宮内膜症はエストロゲンが分泌される限り、つまり月経がある限り、月に1回の定期的な出血にともない徐々に大きくなっていきます。これが卵巣であれば、卵巣内に古い血液が貯まって「チョコレート嚢腫(のうしゅ)」と呼ばれる卵巣の腫瘍(しゅよう)となります。また、骨盤のなかでこの出血が繰り返し起こると、周囲の臓器との癒着を繰り返します。直腸と子宮の癒着が生じれば、「便秘」や「排便痛」の原因となったり、卵管に癒着が生じれば「不妊症」の原因になることがあります。

【出典】 日本医療企画(著:寺下 謙三)
標準治療(寺下医学事務所)

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 5035436
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 標準治療(寺下医学事務所)>病名>婦人科    >    子宮内膜症

A D

標準治療(寺下医学事務所)について
あなたの最適な治療法がわかる本。誰もがかかる可能性の高い代表的な疾患約570を収録、各疾患ごとに最適な治療法を具体的に解説している。また、治療を受ける上で気になる医療用語、診療科別の名医紹介、コラムなども掲載している。
関連電子書籍
私を救う医者はどこ?
【著者より】病の恐れをひとり抱えている時、身内に重病の患者が出た時、あなたは何を頼りにしますか。特効薬?最新設備の病院?何より大切なのは、あなたの決断を親身になってサポートする医療…
この言葉が収録されている辞典

 標準治療


  • 【辞書・辞典名】標準治療[link]
  • 【出版社】日本医療企画
  • 【編集委員】寺下 謙三
  • 【書籍版の価格】5,142
  • 【収録語数】1,787
  • 【発売日】2006年7月
  • 【ISBN】978-4890417162










関連辞典
標準治療(寺下医学事務所) 標準治療(寺下医学事務所)