見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・14日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から6日
    ┗「小雪」まで8日
    先負
    ・十支:(きのと)
    ・十二支:(う)
    月齢:17
    月名(旧歴日):立待月(たちまちづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 不整脈(小児)【ふせいみゃく(しょうに)】


Arrhythmia



 不整脈といってもその内容は多岐にわたります。ここでは専門的な内容について詳しく触れず、小児科診療の日常で比較的多い内容に重点を置きます。小児科の日常診療でよくみるのは、期外収縮(きがいしゅうしゅく)、脚ブロック、房室ブロック、QT延長、ウォルフ・パーキンソン・ホワイト(WPW)症候群などです。まれに脈の速くなる頻脈発作にもでくわします。小児における不整脈の原因としては、刺激伝導系といわれる心臓の電気的興奮を伝える細胞の未成熟さや、心筋炎、心筋症、心臓腫瘍(しゅよう)、川崎病後遺症による影響、手術による侵襲、器質的心疾患の存在、薬剤性、電解質異常などがあげられます。
 新生児乳児期と幼児学童期とでは不整脈の性格も多少異なります。新生児や乳児では期外収縮の他に、発作性上室性頻拍、先天性完全房室ブロックなどによる紹介や入院例が多くみられます。胎児期にモニターなどで発見される場合もあります。
 幼児や学童で多くみられるのは、上室性(心室より上、つまり心房性や接合部)あるいは心室性期外収縮やそれらの頻発する例、I度からII度の房室ブロック、QT延長の疑い、WPW症候群などです。

【出典】 日本医療企画(著:寺下 謙三)
標準治療(寺下医学事務所)

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 5035282
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 標準治療(寺下医学事務所)>病名>小児科    >    不整脈(小児)

A D

標準治療(寺下医学事務所)について
あなたの最適な治療法がわかる本。誰もがかかる可能性の高い代表的な疾患約570を収録、各疾患ごとに最適な治療法を具体的に解説している。また、治療を受ける上で気になる医療用語、診療科別の名医紹介、コラムなども掲載している。
関連電子書籍
私を救う医者はどこ?
【著者より】病の恐れをひとり抱えている時、身内に重病の患者が出た時、あなたは何を頼りにしますか。特効薬?最新設備の病院?何より大切なのは、あなたの決断を親身になってサポートする医療…
この言葉が収録されている辞典

 標準治療


  • 【辞書・辞典名】標準治療[link]
  • 【出版社】日本医療企画
  • 【編集委員】寺下 謙三
  • 【書籍版の価格】5,142
  • 【収録語数】1,787
  • 【発売日】2006年7月
  • 【ISBN】978-4890417162










関連辞典
標準治療(寺下医学事務所) 標準治療(寺下医学事務所)