見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・2月(如月/February)
    ・17日
    ・日(Sunday)
    ・二十四節気
    ┣「立春」から13日
    ┗「雨水」まで2日
    先勝
    ・十支:(きのと)
    ・十二支:(とり)
    月齢:12
    月名(旧歴日):十二日月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 肛門周囲膿瘍・痔瘻【こうもんしゅういのうよう・じろう】


Periproctal Abscess・Anal Fistula





 肛門は約3~4cmの肛門管という管ですが、その約中間に歯状(しじょう)線という線があります。その歯状線に十数個の肛門腺という分泌腺が開口しています。その肛門腺の開口部(肛門陰窩〈いんか〉)から便が逆流性に肛門腺に入り込むと感染を起こし、化膿します(肛門周囲膿瘍)。肛門周囲膿瘍は患部の拍動性の痛み、発熱を伴うことが多く、膿が皮膚に破れ出ると症状は一時和らぎますが、肛門と皮膚が交通してトンネル状態になり、痔瘻となります。
 痔瘻を起こす菌は、以前は結核菌が多いと言われていましたが、現在では好気性菌の大腸菌、クレブシエラ菌、嫌気性菌のバクテロイデス菌が多く、結核菌はほとんどないとされています。
 痔瘻は日本では4つのタイプに分類する(隅越分類)のが一般的で(図1:痔瘻の4つのタイプ)、II型が最も多い型です。痔瘻は体型ががっしりした青年から壮年の男性に多いといわれ、発生場所も背中側が一般的です。その理由は、直腸と肛門の形から便の流れが背中側に強く当たることと、体型ががっちりした男性は便を強く息むことができ、その結果、便が肛門腺窩に入り込みやすいからと説明されています。

【出典】 日本医療企画(著:寺下 謙三)
標準治療(寺下医学事務所)

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 5035114
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 標準治療(寺下医学事務所)>病名>消化器    >    肛門周囲膿瘍・痔瘻

A D

標準治療(寺下医学事務所)について
あなたの最適な治療法がわかる本。誰もがかかる可能性の高い代表的な疾患約570を収録、各疾患ごとに最適な治療法を具体的に解説している。また、治療を受ける上で気になる医療用語、診療科別の名医紹介、コラムなども掲載している。
関連電子書籍
私を救う医者はどこ?
【著者より】病の恐れをひとり抱えている時、身内に重病の患者が出た時、あなたは何を頼りにしますか。特効薬?最新設備の病院?何より大切なのは、あなたの決断を親身になってサポートする医療…
この言葉が収録されている辞典

 標準治療


  • 【辞書・辞典名】標準治療[link]
  • 【出版社】日本医療企画
  • 【編集委員】寺下 謙三
  • 【書籍版の価格】5,142
  • 【収録語数】1,787
  • 【発売日】2006年7月
  • 【ISBN】978-4890417162










関連辞典
標準治療(寺下医学事務所) 標準治療(寺下医学事務所)