見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・17日
    ・日(Sunday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から9日
    ┗「小雪」まで5日
    赤口
    ・十支:(つちのえ)
    ・十二支:(うま)
    月齢:20
    月名(旧歴日):更待月(ふけまちづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 慢性硬膜下血腫【まんせいこうまくかけっしゅ】


Chronic Subdural Hematoma





 大別して、小児と成人の慢性硬膜下出血がありますが、ここでは日常の診察で見受けられることが多い、成人の慢性硬膜下出血について話を進めます。慢性硬膜下出血は、適正な脳外科的治療により、完全に元の状態に戻る数少ない疾患で、脳外科医にとっては今どき珍しい? 患者さんに感謝されることの多い、職業冥利(みょうり)に尽きる病気の代表的なものです。
 脳実質を包む膜には、3種類あります。頭蓋骨に近いほうから、硬膜、くも膜、軟膜ですが、この硬膜の内(下)側に血液が貯留し増大していく疾患が慢性硬膜下出血です。硬膜最(内)下層に存在する洞様層(sinusoid channel)は、血管に富み繊維芽細胞の新生も強く、血腫の増大、被膜の形成機序には、その洞様層の活動性が大きく関与しているようですが、詳しいことはいまだわかっていません。エストロゲンはその活性を抑制するといわれており、この病態が女性に少ない根拠と考えられています。数週間から2~3カ月さかのぼる、患者本人も憶えていないほど軽微な頭部打撲や肝機能障害(主に長い飲酒歴)、そして脳梗塞や不整脈の治療や腎透析などで頻繁に投与される抗凝固、抗血小板剤が誘因となっている症例もあります。脳萎縮や硬膜下水腫が元から存在する高齢者に発生頻度が高く、最近、老年人口の増大につれ、この疾患の発生率は高くなっています。一般の肝機能検査(GTO、GPT、γ-GTP等)では正常範囲内のことも少なくありません。飲酒量を聞いたほうが診断に有用かもしれません。このように傾向がわかっていても実際に患者さんを前にすると、意外と診断は難しい病気です。

【出典】 日本医療企画(著:寺下 謙三)
標準治療(寺下医学事務所)

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 5035036
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 標準治療(寺下医学事務所)>病名>脳神経    >    慢性硬膜下血腫
  1. ◆「慢性硬膜下血腫」の関連ワード

  2. 脳腫瘍

  3. 髄膜腫

  4. もやもや病

  5. 未破裂脳動脈瘤の手術治療


A D

標準治療(寺下医学事務所)について
あなたの最適な治療法がわかる本。誰もがかかる可能性の高い代表的な疾患約570を収録、各疾患ごとに最適な治療法を具体的に解説している。また、治療を受ける上で気になる医療用語、診療科別の名医紹介、コラムなども掲載している。
関連電子書籍
私を救う医者はどこ?
【著者より】病の恐れをひとり抱えている時、身内に重病の患者が出た時、あなたは何を頼りにしますか。特効薬?最新設備の病院?何より大切なのは、あなたの決断を親身になってサポートする医療…
この言葉が収録されている辞典

 標準治療


  • 【辞書・辞典名】標準治療[link]
  • 【出版社】日本医療企画
  • 【編集委員】寺下 謙三
  • 【書籍版の価格】5,142
  • 【収録語数】1,787
  • 【発売日】2006年7月
  • 【ISBN】978-4890417162










関連辞典
標準治療(寺下医学事務所) 標準治療(寺下医学事務所)