見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・12月(師走/December)
    ・19日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から12日
    ┗「冬至」まで3日
    先負
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(とら)
    月齢:22
    月名(旧歴日):下弦の月/下つ弓張(しもつゆみはり)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 物【もの】


名/形名/接頭/接尾



【一】(名)感覚、あるいは思考の対象。【1】目で見たり、手で触ったりできる対象。物体。品物。「この部屋にはいろいろな―がある」「冷蔵庫の中に食べる―がない」「―の値段」「―の不足」【2】漠然とした事柄・対象。【ア】文脈で示される、行為の対象。「―も食べない」「―を思う」「―は言いよう」「―には順序がある」【イ】特にとりたてて有用な対象。「―の役に立たない」「昔の苦労に比べたら―の数ではない」【3】所有物。「この本は学校の―です」「月賦が終わってようやく自分の―になった」「勝利はこちらの―だ」【4】道理・筋道・理由など。「―のよくわかる人」「―を知らないにもほどがある」【5】人間の精神生活を支配する、人間以上の不可思議な存在。「―につかれる」{参考}ものの働き・性質など抽象的な対象を表す「こと」に対して、おもにはっきりと存在を感覚できる対象を表す。     【二】(形名)【1】強い断定・強調または一般的傾向を表す。「人生とはそういう―だ」「悪いことはできない―だ」【2】回想・願望・感動を表す。「子供のころ、公園へ遊びに行った―だ」「早く食べたい―だ」「たいした―だ」【3】〔「―で」の形で〕原因・理由を表す。「忙しかった―で、つい忘れてしまった」▽【二】は、ふつう仮名書き。{参考}【二】の場合、「もん」となることもある。【三】(接頭)〔形容詞形容動詞などについて〕全体になんとなくそういう感じがすることを表す。「―珍しい」「―静かな人」「秋は―悲しい季節だ」【四】(接尾)【1】分類した一つ一つ。「時代―」「日本海―」「ごはん―」【2】そういう状態を引き起こすような事柄を表す。「びくびく―」「冷や汗―」「打ち首―」

【出典】 ベネッセコーポレーション(著:樺島忠夫/植垣節也/曽田文雄/佐竹秀雄)
ベネッセ国語辞典 電子特別編集版

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 705406840
    0
    しおり
  •      
  •      




   



A D

ベネッセ国語辞典について
『福武国語辞典』を元に編集した電子特別編集版。日々の仕事・生活の中で使われる言葉や意味、用法が重要な現代語を中心に約6万語を収録。文章を書く際に役立つよう用例を多く掲載するなど使いやすさを追求した国語辞典。
この言葉が収録されている辞典

 ベネッセ国語辞典 電子特別編集版


  • 【辞書・辞典名】ベネッセ国語辞典 電子特別編集版[link]
  • 【出版社】ベネッセ
  • 【編集委員】樺島忠夫/植垣節也/曽田文雄/佐竹秀雄
  • 【書籍版の価格】2,571
  • 【収録語数】60,000
  • 【発売日】-
  • 【ISBN】-










関連辞典
ベネッセ国語辞典 電子特別編集版 ベネッセ国語辞典 電子特別編集版 ベネッセ国語辞典 電子特別編集版 ベネッセ国語辞典 電子特別編集版