見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・12月(師走/December)
    ・19日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から12日
    ┗「冬至」まで3日
    先負
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(とら)
    月齢:22
    月名(旧歴日):下弦の月/下つ弓張(しもつゆみはり)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 目【め】


名/接尾



【一】(名)【1】ものを見る働きをする部分。また、そのようす・働き。【ア】眼球と視神経とからなり、それを保護するまぶた・まつげも含めた視覚器官。「―を泣きはらす」「酔うにつれて―がすわる」「―を凝らす(↓注視 の{類義表現})」「―の保養(=美しいもの・楽しいものを見ること)」「―の黒いうち(=生きている間)」【イ】ものを見るようす。まなざし。目つき。「―は口ほどに物を言う(=目はことばと同じほどに相手に気持ち伝える)」「へんな―で見る」「白い―で見られる」「不信の―」「慈愛に満ちた―」【ウ】ものを見る働き。見ること。視力。ある感じ方や考え方で見ること。「―に入る」「―が近い(=近視だ)」「細かいところに―が届く(↓注意 の{類義表現})」「いたずらっ子で―が離せない(↓注意 の{類義表現})」「―にもとまらぬ早業」「左右に―を配る(↓注視 の{類義表現})」「―のつけどころがよい」「公平な―で見る」「人を見る―がある」「―がきく」「人の―を引く」▽【1】は「眼」とも書く。【2】【1】【ア】に見えるようす。「この料理は見た―も味もよい」【3】ある物事に出会うこと。特に、苦しい、いやな経験。「ひどい―に遭う」「つらい―を見る」「倒産の憂き―を見る」【4】形が【1】【ア】に似ているもの。【ア】縦横に交わったものによって囲まれた部分。「―の粗い織物」「―が詰んでいる」「碁盤の―」【イ】目玉の形をしたもの。「台風の―」「うおの―」「蛇の―傘」【5】平行に細かく並んだすき間。「のこぎりの―」「―の細かい櫛(くし)」【6】数量を示す印。【ア】さいころの面についた印。「一の―」【イ】(計器の表面に示された)量を表す印。「秤(はかり)の―」【7】(「秤の目」から転じて)秤ではかった重さ。「―減り」【8】木材の切り口にあらわれたすじ。木目。「―がそろっている」「柾(まさ)―」「板―」【二】(接尾)【1】順序・度数を表す。「三日―の朝」「左から四軒―の家」「二回―は成功した」【2】(点または線状に続いているものの)区切りとなる点や場所。動作や状態が変化する境となる所。「ひもの結び―」「切れ―」「折り―」「境―」「人気は落ち―だ」「分かれ―」【3】ふつうの程度に比べるとそういう性質や傾向をもつ。「控え―の態度」「大き―の※」「早―に家を出る」

【出典】 ベネッセコーポレーション(著:樺島忠夫/植垣節也/曽田文雄/佐竹秀雄)
ベネッセ国語辞典 電子特別編集版

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 705396510
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:目が堅(かた)い  目が眩(くら)む  雌・牝    

   



A D

ベネッセ国語辞典について
『福武国語辞典』を元に編集した電子特別編集版。日々の仕事・生活の中で使われる言葉や意味、用法が重要な現代語を中心に約6万語を収録。文章を書く際に役立つよう用例を多く掲載するなど使いやすさを追求した国語辞典。
この言葉が収録されている辞典

 ベネッセ国語辞典 電子特別編集版


  • 【辞書・辞典名】ベネッセ国語辞典 電子特別編集版[link]
  • 【出版社】ベネッセ
  • 【編集委員】樺島忠夫/植垣節也/曽田文雄/佐竹秀雄
  • 【書籍版の価格】2,571
  • 【収録語数】60,000
  • 【発売日】-
  • 【ISBN】-










関連辞典
ベネッセ国語辞典 電子特別編集版 ベネッセ国語辞典 電子特別編集版 ベネッセ国語辞典 電子特別編集版 ベネッセ国語辞典 電子特別編集版