見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・12月(師走/December)
    ・19日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から12日
    ┗「冬至」まで3日
    先負
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(とら)
    月齢:22
    月名(旧歴日):下弦の月/下つ弓張(しもつゆみはり)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 打つ・撃つ・討つ【う・つ】


他五



【1】〔打つ〕物を他のものに瞬間的に強く当てる。ぶつける。たたく。「手を―・って喜ぶ」「かべで頭を―」「バットボールを―」「雨に―・たれる」【2】〔打つ〕(【1】の行為によって)ある動作・仕事を行う。「鐘を―」「わらを―」「刀を―(=鉄をきたえて刀を作る)」「そばを―(=そば粉をねってそばきりを作る)」「田を―(=田を耕す)」「金箔(きんぱく)を―(=金箔をのばす)」「むちを―」「碁を―」「電報を―」「時計が三時を―」【3】〔打つ〕他のものの中に勢いよく打ちつける。「くいを―」「注射を―」「コンクリートを―」【4】〔打つ〕しるしをつける。「句読点を―」「番号を―」【5】物を、遠くにある物に向かって当てようとする。【ア】〔打つ〕広がるように投げる。「網を―(=魚などを網でとろうとする)」「水を―(=水をまく)」【イ】〔撃つ〕射撃・発射をする。「鉄砲を―」【6】〔討つ〕敵や獲物などを傷つけて倒す。「賊を―」「不意を―」「敵を―」【7】〔打つ〕ある手段や方策を用いる。「―手がない」「逃げを―」「芝居を―(=芝居の興行をする。また、人をだますための作りごとをする)」【8】〔打つ〕勢いよくある動作をする。「寝返りを―」「なだれを―ような人波」「もんどり―(=とんぼがえりをする)」【9】〔打つ〕感動させる。「心を―」「胸を―」

【出典】 ベネッセコーポレーション(著:樺島忠夫/植垣節也/曽田文雄/佐竹秀雄)
ベネッセ国語辞典 電子特別編集版

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 704891110
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:鬱鬱  うっかり    内渡し  

   


  1. ベネッセ国語辞典 電子特別編集版>あ行>う・    >    打つ・撃つ・討つ
  1. ◆「打つ・撃つ・討つ」の関連ワード

  2. 鬱鬱

  3. うっかり


  4. 内渡し


A D

ベネッセ国語辞典について
『福武国語辞典』を元に編集した電子特別編集版。日々の仕事・生活の中で使われる言葉や意味、用法が重要な現代語を中心に約6万語を収録。文章を書く際に役立つよう用例を多く掲載するなど使いやすさを追求した国語辞典。
この言葉が収録されている辞典

 ベネッセ国語辞典 電子特別編集版


  • 【辞書・辞典名】ベネッセ国語辞典 電子特別編集版[link]
  • 【出版社】ベネッセ
  • 【編集委員】樺島忠夫/植垣節也/曽田文雄/佐竹秀雄
  • 【書籍版の価格】2,571
  • 【収録語数】60,000
  • 【発売日】-
  • 【ISBN】-










関連辞典
ベネッセ国語辞典 電子特別編集版 ベネッセ国語辞典 電子特別編集版 ベネッセ国語辞典 電子特別編集版 ベネッセ国語辞典 電子特別編集版