見出し語 全文 ランダム



  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・12月(師走/December)
    ・19日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から12日
    ┗「冬至」まで3日
    先負
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(とら)
    月齢:22
    月名(旧歴日):下弦の月/下つ弓張(しもつゆみはり)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

盤根錯節

  盤根錯節

     (わだかまった根といりくんだ節の意から)複雑で容易に解決できない事柄。・・・

  盤根錯節

     【解説】複雑に絡まり合った木の根と入り組んだ木の節のことで、面倒な事件のたとえ。▼「盤根錯節に遇わずんば何を以て利器を別たんや(複雑な問題に直面すれば切れる道具=大人物が分かるの意)」とも使う。【出典】後漢書。・・・

  盤根錯節

     【意味】わだかまった根と入り組んだ節。込み入った状況にあるため、容易には解決することができない事柄のたとえ。【用例】●あの会社はA社とB社が合併し、さらにC社を吸収したという事情があるだけに、今度の人事問題は盤根錯節、すっきりとは落着しないだろう。両国の貿易交渉は工業製品や農産物・・・

  盤根錯節

     「盤根錯節に遇いて利器を知る」という。人間は困難に出会って初めてその人の力量、価値がわかる。盤根は、地中に広くわだかまった根。錯節は、入り組んだ節。世の中の難儀な事柄、入り組んで解決困難な事件のたとえ。この盤根錯節に出会わなければ、用いる道具(人間)の”切れ味”がよくわからないと・・・


list2