見出し語 全文 ランダム



  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・12月(師走/December)
    ・19日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から12日
    ┗「冬至」まで3日
    先負
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(とら)
    月齢:22
    月名(旧歴日):下弦の月/下つ弓張(しもつゆみはり)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

抜山蓋世

  抜山蓋世

     【意味】山を引き抜くほどの力と、世を蓋い尽くすほどの気力。意気が盛んで才知に富み、一世を圧倒すること。【用例】●『三国志』を読み始めると、抜山蓋世の英雄豪傑が縦横無尽に活躍し興味が尽きない。社会のすべての分野が高度に発達している現代に、西郷隆盛のような抜山蓋世の英雄を待望するなど・・・

  抜山蓋世

     「力、山を抜き、気、世を蓋う」という。きわめて意気高く、自信に満ちているさま。項羽は垓下で漢軍に包囲され”四面楚歌”となった。「もはやこれまで」と、訣別の宴をはった項羽が、愛人虞美人と最後の別れを惜しんだときに歌った詩の一節が、これ。「わたしの力は、山を引き抜くことができる。わた・・・


list2