見出し語 全文 ランダム



  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・12月(師走/December)
    ・19日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から12日
    ┗「冬至」まで3日
    先負
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(とら)
    月齢:22
    月名(旧歴日):下弦の月/下つ弓張(しもつゆみはり)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

得隴望蜀

  得隴望蜀

     【意味】一つの望みが叶うと、次の望みを抱くようになる。欲望に限りがなく、満足することを知らないたとえ。【用例】●M氏は事業で成功した余勢を駆って、同業を買収するという得隴望蜀の策をとったが、世の変化を読み切れず、結局、すべてを手離すことになった。彼はもともとはピアノで身を立てよう・・・

  得隴望蜀

     「隴を得て蜀を望む」と読む。人間の欲にはキリがないということ。後漢の世祖光武帝は、隴西(甘粛省)を平定し、さらに蜀(四川省)を望んだとき「人生足るを知らず、既に隴を得て、また蜀を望む」と、その雄図を語った。それから二百年後、いわゆる”三国”群雄割拠の時代、魏王となった曹操は「余は・・・


list2