見出し語 全文 ランダム



  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・12月(師走/December)
    ・19日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から12日
    ┗「冬至」まで3日
    先負
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(とら)
    月齢:22
    月名(旧歴日):下弦の月/下つ弓張(しもつゆみはり)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

大上段

  大上段

     【1】刀を頭上に振りかぶる威圧的な構え。【2】(ひゆ的に)居丈高(いたけだか)に構えて相手を圧倒しようとする態度。「―に構えてどなり散らす」・・・

  大上段に構える

     威圧的な態度をとる。▼いくら老舗だからといって大上段に構えていてはお客は寄り付かない。▼あの先輩は、いつも大上段に構えて訓示をたれている。【類語】「大上段に振りかぶる」「大上段に振りかざす」【参考】剣道で竹刀を頭上に振りかざした構えから。・・・

  大上段

     【意味】刀を振りかぶるように相手を圧する居丈高な態度。【用例】●大上段に振りかぶった一撃が鮮やかに決まった。何もそう大上段に振りかぶった言い方をしないで、こちらの言い分も聞いたらどうです。・・・

  大上段に構える

     [意味]大上段とは、剣道で最も攻撃的な構えとされる「上段の構え」をさらに強めた言葉。剣を堂々と頭上に高く振りかざし、胴ががら空きとなるのも怖れず、堂々と相手に打ち込んでいく。そのような心持ちで居丈高に相手に挑むことを「大上段に構える」という。[用法]「今日接待してもらうのは超お得・・・


list2