見出し語 全文 ランダム



  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・12月(師走/December)
    ・19日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から12日
    ┗「冬至」まで3日
    先負
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(とら)
    月齢:22
    月名(旧歴日):下弦の月/下つ弓張(しもつゆみはり)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

呉越同舟

  呉越同舟

     【1】仲の悪い者どうしや敵味方が、たまたま同じ境遇や場所にいること。【2】仲の悪い者どうしでも、利害が共通するときはたがいに協力するたとえ。・・・

  呉越同舟

     【故事】故事【解説】呉の人と越の人が同じ舟に乗り合わせるということで、仲の悪い者同士が同じ場所にいたり、助け合ったりすること。▼中国の春秋時代、呉と越とは敵対していたが、両国の人が同じ舟に乗り合わせて嵐に遭った時、互いに助け合ったという故事から。【出典】孫子。【類義語】同舟相救う・・・

  呉越同舟

     【意味】仲の悪い者同士、また、敵同士が同じ場所に居合わせること。【用例】●今日、雌雄を決する両選手が、バスに乗り合わせているとは、まさに呉越同舟といったところだ。首相訪米には、日ごろ取材競争に鎬を削る十数社の記者団が、呉越同舟よろしく同行した。【参考】呉と越は春秋時代に長い間争っ・・・

  呉越同舟

     『孫子』に出てくる有名な句。仲の悪い者同士が、たまたま一緒にいあわせて、行動をともにすること。敵味方が偶然出会ってしまうさま。『孫子』は、春秋のころ呉の孫武が書いたとされる兵書。その中に”九地”の説明があり、最後に”死地”が出てくる。呉と越は古くからの敵国。国人までが憎み合ってい・・・


list2