見出し語 全文 ランダム



  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・12月(師走/December)
    ・19日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から12日
    ┗「冬至」まで3日
    先負
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(とら)
    月齢:22
    月名(旧歴日):下弦の月/下つ弓張(しもつゆみはり)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

花鳥諷詠

  花鳥諷詠

     高浜虚子(たかはまきよし)が俳句の目的として提唱した理念。四季の推移による天地自然の現象と、これに伴う人事現象を見て心に起こる詠嘆を句にする意。既成の俳諧(はいかい)趣味を捨てて、自然描写優先の主張をしたわけで、俳句の大衆化に役立った。・・・

  花鳥諷詠

     【意味】四季の移り変わっていく自然を、うたい上げること。【用例】●多忙な仕事に追われる毎日だが、花鳥諷詠を楽しむ余裕も欲しいと思っている。俳句を習い、花鳥諷詠を心掛けるようになってから、自然を見る目が深まりました。【出典】高浜虚子『虚子句集』序【参考】高浜虚子の主導した俳句の作法・・・


list2