見出し語 全文検索 [ランダム検索]




眼科

トップ各診療科から検索眼科

結膜花粉症・アレルギー性結膜炎【けつまくかふんしょう・あれるぎーせいけつまくえん】
Pollinosis Of Conjunctiva・Allergic Conjunctivitis

[受診科] 眼科
【概説 】
 アレルギーとは、ある特定の物質に対して過敏に反応することをいいます。原因となる異物を「アレルゲン(抗原)」と呼びます。各種の花粉が抗原となって起きるのが花粉症であり、結膜炎症状を示すのが結膜花粉症です。花粉以外の抗原(ハウスダスト・ダニ・各種の化学物質、食べ物、衣類の繊維など)によるアレルギー性結膜炎もよくみられます。
 同様な結膜炎を示すものに、アトピー性角結膜炎、それの重症型といえる春季カタル、コンタクトレンズ装用で起きる巨大乳頭結膜炎があります。これらのアレルギー性結膜炎は、環境の悪化、精神的ストレスの増大、食生活の欧米化などにより年々増加しています。
 アレルギー反応は、何年もアレルゲンと接触していた、遺伝的にアレルギーの素質を持った人にアレルゲンに対応する抗体が体内に出た後で、再びアレルゲンの接触により抗体と結合した時に起こります。マスト細胞表面で起きたこの結合反応から、炎症を引き起こす物質(ヒスタミンなど)が生成されますが、この物質が、目・鼻・のど・気管支の粘膜に作用して、かゆみなどのアレルギー性炎症症状が現れます。日本で代表的な花粉症のアレルゲンには、春のスギ・ヒノキ、初夏のカモガヤなどのイネ科の雑草、初秋のブタクサ・ヨモギなどのキク科の雑草があります。

【症状 】
 アレルギーの4大症状は、くしゃみ・鼻みず・鼻づまり・眼のかゆみですが、その他、眼の症状として、結膜の充血、涙目、めやに、ゴロゴロとした異物感があり、重症になると、瞼も熱く腫れ、痛みや視力低下もあります。
【診断 】
 前記の自覚症状でおよそ診断できますが、眼科では、細隙灯(さいげきとう)顕微鏡検査で、結膜、角膜などの状態を詳しくみます。花粉症の場合、例年、特定の期間に発病しますし、食べ物や、化粧品・ペットの動物など特定のものに反応します。ハウスダスト・カビ・ダニなどは、閉めきった家の中(布団、カーペット、エアコン、空調機のダクト内など)に多くみられ、拡散した時に発病します。さらに詳しい検査をする場合、血液・涙液中のIgE(この型のアレルギー反応を増加する免疫グロブリン)の定量、各種アレルゲンに対する抗体価の測定をします。
【標準治療 】
 薬物治療の前にアレルギーの原因対策をすることが安全で確実な治療です。ハウスダスト・ダニ対策としては、掃除機で強力かつていねいに吸い取ること。カーペットではとくに必要です。布団も、よく日光消毒し、室内の通気をはかること。ただし、空調機はシーズン前後に、機内のカビ・ダニ・ホコリをよく洗浄しておくことが重要です。
 新築・改装した家では、壁紙の接着剤など揮発性有機溶媒によるシックハウス症候群も出るので、低ホルムアルデヒドの建材を使ったり、換気はしっかりして下さい。花粉症対策は、外出時、マスクや花粉症用メガネを使用したり、帰宅時に上着やズボンに付着した花粉を玄関外でよく落とすことが大切です。またうがいや洗眼をしましょう。ストレスをためないように規則的な生活と十分な睡眠をとります。
 巨大乳頭結膜炎では、汚れに強い、結膜炎対策をとりやすいコンタクトレンズに替えたり、手入れ方法を変更したり、装用時間を短くして下さい。眼科専門医とよく相談し、なるべく眼鏡の使用に切り替えましょう。
 次に薬物治療について説明します。花粉症は、発病時期がわかっているので予防治療をします。抗アレルギー剤は、アレルギー反応のヒスタミンなど炎症を起こす物質ができるところを抑えるので、炎症が起きてからよりは、その前(2週間以上前)に使うのが効果的です。抗ヒスタミン剤・ステロイド剤などのような日常生活に支障を起こす副作用も少ないです。
《早期治療例》
1)抗アレルギー剤を発症半月前に開始
・点眼
 インタール、リザベン、ゼペリン  1日4回 1回1〜2滴
・内服(鼻炎、皮膚、気管支炎など眼以外の症状も強い時)
 IPD(100mg)、アゼプチン(1mg)、セルテクト(30mg)  1日1〜3回 1回1錠
 小青竜湯(しょうせいりゅうとう)  1日3回1回1包、食間に服用
2)発病後:早期治療薬を継続。それが無効の時
・点眼(抗ヒスタミン剤)
 リボスチン、ザジテン、パタノール  1日4回 1回1〜2滴
・(弱いステロイド剤)
 0.02%または0.1%フルメトロン  1日3〜4回
・内服(眠気の少ない抗ヒスタミン剤)
 アレグラ(60mg)  1日2回 1回1錠
 アレジオン(20mg)  1日2回 1回1錠
3)重症時
・点眼
 0.1%リンデロンAまたはデカドロン  1日4回 1回1〜2滴
・眼軟膏
 ネオメドロールEE、プレドニン  1日2〜3回
・内服
 (抗ヒスタミン+ステロイド含剤)セレスタミン  1日1〜2錠
4)春季カタル:上記点眼・内服治療のほかに――
 ケナコルト眼瞼結膜下注射  1回10〜25mg
5)巨大乳頭結膜炎:コンタクトレンズ使用の便を考えて――
・点眼:
 アレギサール  1日2回 1回1〜2滴
 クモロールPF(防腐剤非含有)  1日4〜5回 1回1〜2滴(ディスポーサブルコンタクトレンズまたはハードコンタクトレンズ使用中も可)
 重症時:コンタクトレンズ装用を中止し、アレルギー性結膜炎の発病後以降と同じ治療を行います。
●特殊治療例
 春季カタルに免疫抑制剤点眼液タリムス(1日2回)、パピロックミニ(1日3回)が認可されました。
【生活上の注意 】
 花粉症治療で、眠気の起こらない即効性の筋肉注射をする医療機関がありますが、デポタイプの長効性のものは、副作用(ステロイド緑内障や消化管潰瘍〈かいよう〉・糖尿病の悪化・注射部位皮膚の壊死〈えし〉瘢痕〈はんこん〉化)を起こしても、薬が体内から抜けないかぎりは消えないので危険です。十分説明を聞いて確認して下さい。アマチュアスポーツをする人では、ドーピング検査に触れる恐れもあります。
【特殊治療 】
春季カタルに免疫抑制剤「タクロリムス点眼」が臨床導入間近になりました。
このページの執筆医師【林清文

『標準治療(寺下医学事務所)』 書籍版

標準治療(寺下医学事務所)について
あなたの最適な治療法がわかる本。誰もがかかる可能性の高い代表的な疾患約570を収録、各疾患ごとに最適な治療法を具体的に解説している。また、治療を受ける上で気になる医療用語、診療科別の名医紹介、コラムなども掲載している。
『標準治療(寺下医学事務所)』 書籍版

約570の病気の情報 (症状、診断方法、標準的な治療方法、予後、生活上の注意など)を診療科目別に掲載している 「家庭の医学事典」です。


出版社 日本医療企画[外部リンク]
編集 寺下 謙三
価格 5,142
収録数 1787疾患
サイズ 21.8x15.6x6.6cm(A5判)
発売日 2006年7月
ISBN 978-4890417162
関連電子書籍

 電子書籍

私を救う医者はどこ?

私を救う医者はどこ?

  • 【著者より】病の恐れをひとり抱えている時...>>続く
iBooks GoogleBooks kindle