見出し語 全文検索 [ランダム検索]




耳鼻咽喉科

トップ各診療科から検索耳鼻咽喉科

外耳道炎【がいじどうえん】
Otitis Externa

[受診科] 耳鼻咽喉科
【概説 】
 外耳道(耳の穴)の皮膚に感染、炎症を起こす病気の総称で、高温多湿になる夏に多くなる傾向があります。健常な外耳道はpH(ペーハー)5の弱酸性ですが、耳に水が入ったりすると皮膚や耳垢(じこう:耳あか)がふやけることにより中性に変化して細菌感染を起こしやすくなります。
 耳垢自体も酸性なので細菌、真菌(カビ)の発育を妨げていますが、過度な耳掃除による耳垢消失や綿棒、耳かき、爪で傷つけたりこすったりすることにより外耳道皮膚の防御機構が破壊されてしまい、細菌の皮膚への侵入を容易にします。実際、外耳道炎を繰り返す人に聞いてみると、多くが耳掃除を頻回に(ひどくなると1日何回も)する習慣があるようです。
 このようにして、外耳道の外側1/3(軟骨部外耳道)には限局性外耳道炎、奥の2/3(骨部外耳道)にはび漫性(広汎性)外耳道炎が発症します。また、糖尿病は、細菌感染をうけやすい上に耳垢のpHが上昇するなど外耳道炎になりやすく、とくに高齢の糖尿病患者さんが緑膿菌(りょくのうきん)による外耳道炎を起こすと、その炎症が周囲に広がり、側頭骨および頭蓋(ずがい)底の骨まで壊死(えし)・破壊してしまい、髄膜(ずいまく)炎や頭蓋内血栓症を併発して死に至ることが知られており、悪性外耳道炎と呼ばれています。さらに、ガンのように免疫力が低下する疾患では同じく悪性外耳道炎や外耳道真菌症を繰り返します。

【症状/診断 】
1)限局性外耳道炎
 自発性耳痛のほか、耳介牽引痛(じかいけんいんつう)、耳珠圧痛(じじゅあっつう)、咀嚼(そしゃく)時耳痛などの症状があります。進行すると、蜂窩織炎(ほうかしきえん)に至ることもあり、耳介周囲の皮膚の腫脹(しゅちょう)、開口障害、リンパ節炎などが出現します。また、膿瘍(のうよう)ができ、つぶれると膿(うみ)が出てきます。
2)び漫性(広汎性)外耳道炎
 耳痛のほか、そう痒(よう)感、閉塞感、漿液性(しょうえきせい)の分泌物がみられ、慢性化することがしばしばあります。限局性外耳道炎ほどの痛みはありませんが、外耳道病変が鼓膜方向に進展し鼓膜の炎症、肥厚(ひこう)を合併することがあります。
3)外耳道真菌症
 骨部外耳道に発生する真菌症で、抗生剤、ステロイド剤の乱用や免疫抵抗力の低下が背景にあることが多いといわれています。強いそう痒感を伴い、また、外耳道皮膚が剥離(はくり)して堆積(たいせき)するために耳閉塞感、異物感、耳鳴り、軽度の難聴を呈することもあります。さらに進行すると、耳だれや耳痛が出現しますが強い痛みではありません。
4)悪性外耳道炎
 上記の外耳道炎のすべての症状に加え、それぞれが難治性で症状が非常に頑固になります。
【標準治療 】
●標準治療例
1)局所治療
 どのタイプの外耳道炎にも共通することは、外耳道の消毒を行うことと過度の外耳道刺激を避ける(自分でいじらない)ことです。
[1]限局性外耳道炎
 抗生剤点耳薬(タリビッド耳科用、ベストロン点耳)、抗生剤軟膏(ゴットシュタイン圧迫タンポン)時に切開排膿
[2]び漫性外耳道炎
 抗生剤(必要に応じてステロイド)の点耳および軟膏、ただし、軟膏の自己塗布は外耳道病変を悪化させる場合があるので点耳薬が望ましい。
[3]外耳道真菌症
 抗真菌剤軟膏(フロリードD軟膏、エンペシドクリーム)、5%ピマリシン点眼薬(1%希釈で有効)を点耳用として使用。ただし、保険適応なし。他の抗真菌用液剤はアルコール基剤のため耳内刺激性があり、そのまま点耳するのは不適。
2)全身治療(内服薬)
 ・かゆみがあると耳かきを助長するので、かゆみ止め(抗ヒスタミン剤)
 ・鎮痛剤(ロキソニン、ボルタレン、ポンタール)
 ・抗生物質(内服)セフェム系、その他
 ・抗真菌剤――外耳道真菌症の場合
 ・悪性外耳道炎:強力な全身の抗生剤、抗真菌剤治療 血糖のコントロール
【生活上の注意 】
・必要以上に耳を触らない、耳掃除をやりすぎないことが大切です。「耳掃除は気持ちよいのでつい癖になって……」という患者さんがたくさんいます。多少のかゆみは耳珠(じじゅ:耳の穴の前の出っ張り)を圧迫するようにしてやり過ごしましょう。
・耳に水が入り、翌日以降出てこなければ、耳鼻咽喉科で掃除をします(無理にとろうとして傷をつけたり鼓膜を破ったりすると危険です)。
・強い副腎皮質ホルモン入り軟膏を長期につけすぎると、真菌症や皮膚炎を起こすことがあります。かゆみ、痛みを治すつもりで薬をつけ続けることが病状を悪化させることがあることを忘れてはいけません。
このページの執筆医師【飯塚尚久

『標準治療(寺下医学事務所)』 書籍版

標準治療(寺下医学事務所)について
あなたの最適な治療法がわかる本。誰もがかかる可能性の高い代表的な疾患約570を収録、各疾患ごとに最適な治療法を具体的に解説している。また、治療を受ける上で気になる医療用語、診療科別の名医紹介、コラムなども掲載している。
『標準治療(寺下医学事務所)』 書籍版

約570の病気の情報 (症状、診断方法、標準的な治療方法、予後、生活上の注意など)を診療科目別に掲載している 「家庭の医学事典」です。


出版社 日本医療企画[外部リンク]
編集 寺下 謙三
価格 5,142
収録数 1787疾患
サイズ 21.8x15.6x6.6cm(A5判)
発売日 2006年7月
ISBN 978-4890417162
関連電子書籍

 電子書籍

私を救う医者はどこ?

私を救う医者はどこ?

  • 【著者より】病の恐れをひとり抱えている時...>>続く
iBooks GoogleBooks kindle