見出し語 全文 ランダム



  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・14日
    ・水(Wednesday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から7日
    ┗「小雪」まで8日
    仏滅
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(いぬ)
    月齢:6
    月名(旧歴日):六日月(むいかづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

二十四節気

  二十四節気③

     ◆二十四節気と暦日はなぜずれるのか グレゴリオ暦では日付は年初からの通算日でも表わすことができる。たとえば四月一日は、一月一日から数えて九一日目(閏年の場合は九二日目)である。しかし、太陰太陽暦では閏月が途中に挿入されるので、同じ日付でも通算日が異なってくる。たとえば閏八月とあれ・・・

  二十四節気②

     ◆二十四節気の季節感のずれは暦とは無関係 グレゴリオ暦を使用している現代の日本でも、二十四節気はすたれずに残っている。しかし、二十四節気の名称が意味するところは、現実の日本の季節感と必ずしも合致せず、「今日は立秋、暦のうえでは秋ですが、残暑なお厳しく……」などというのは、お天気ニ・・・

  二十四節気①

     ◆季節との調和を図ったカレンダー グレゴリオ暦に慣れた現代人にとって、四年に一度(原則的に)の閏年は、一年の日数が一日増えるだけで、生活にさしたる影響を与えない。しかし、太陰太陽暦が使われていた時代は、閏日ではなく閏月が追加されたから、暦の日付と季節のずれは大きかった。 そこで、・・・


list2