見出し語 全文 ランダム



  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・12月(師走/December)
    ・19日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から12日
    ┗「冬至」まで3日
    先負
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(とら)
    月齢:22
    月名(旧歴日):下弦の月/下つ弓張(しもつゆみはり)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

和光同塵

  和光同塵

     【1】自分のすぐれた知能をあえて表に出さず俗世間に入りまじること。【2】〔仏〕仏・菩薩(ぼさつ)が衆生(しゆじよう)を救うために、姿を変えて俗世に現れること。・・・

  和光同塵

     【解説】自分の知識や才能の優れていることを目立たないようにして、俗世間の人々と同じように日々を暮らすという意味。▼「和光」は知恵の光を和らげて外に出さないこと。「同塵」は俗世間の塵にまみれること。【出典】老子。・・・

  和光同塵

     【意味】才能を隠して、俗世間に交じること。仏教で、仏が知徳の光を柔らげ、仮の姿で人間界に現れることをいう。【用例】●A氏は学会では目立った存在ではなかったが、その遺著で述べた深遠な哲理は学界の話題になった。和光同塵を心掛けて生きてきたのかもしれない。現代の乱世を生き抜くには和光同・・・

  和光同塵

     和光は、光をやわらげる。知恵の光を隠して現わさない。同塵は、俗塵にまじること。賢人が自分の才智を目立たないようにして、俗世間と調子を合わせること。知や理屈で異を立てることをやめ、俗塵にまみれ、世間一般の常識に従うことも大切。これがまことの知恵ではないかということ。これを「玄同」と・・・


list2